不動産会社の評判・口コミ

イエステーションの評判や口コミ

更新日:

本当の生活の豊かさとは何か、それは収入と比較してバランスの良い住居費の上に、教育、食事、文化、芸術、旅行など、日々の生活に潤いを与える良い活動が出来る状態であると考えます。

その通りです。

バランスの良い住宅を購入することが、まずは生活満足につながります。そういった地に足の着いた取引を目指しフランチャイズ展開をしているのが「イエステーション」です。

 

フランチャイズのトップにいるのは、株式会社イエステーション本部、高田馬場に本拠地を置く、平成14年創業と、不動産業としては若手の会社です。

とはいえ、現在フランチャイジーは130を数え、1万件以上の物件も公開しています。目覚ましい成長を遂げている最中と言えるでしょう。

 

130店舗あるとはいえ、店舗展開しているエリアがなかなか独特です。たとえば、都内の店舗の所在は「戸越公園店」「矢口店」「二子玉川店」「東松原店」「大泉店」「狛江店」「小岩店」「立石店」「金町店」「東久留米店」「西東京店」…戦略に基づいている…のでしょうか。

めったやたらに一般流通している物件を取り扱いとして登録する…ということはしないらしく、店舗のないエリアでは極端に物件数が少ない傾向にあります。最初にチェックすべきは、イエステーションの店舗がお目当てのエリアの近くにあるかどうかかもしれません。

 

さて、急成長を遂げているにも関わらず店舗のレベルが落ちないというのは素晴らしいことです。ここには、

イエステーション加盟においては、加盟時にポリシーの確認をおこない、ご賛同いただけない会社には参加をご遠慮いただいております。(利益優先や従業員満足の無い会社、経営ポリシーの無い会社にはご遠慮いただいております。)

という、なんでもオッケーよでフランチャイズ化してしまわないイエステーションのポリシーがあるようです。

 

ここがイエステーションとおつきあいをする際のメリットになりそうですね!

管理人
それでは、イエステーションについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

イエステーションの特徴、メリット

フランチャイズ展開をしている店舗のクオリティがバラバラになりがち…ですが、全国130店舗の規模感で、まだ、「まったく別の会社のような雰囲気」になるのは防げているかな…という感じです。このあたり、看板貸しとは違いますね。

 

不動産でフランチャイズ展開している会社のいいところというのは、ぶっちぎりで「地元に強い」ということです。それはそうです、店舗間での人間や物件の異動がほぼないので、ここでうまく営業できなくてもよそに異動してしまえば、持っていってしまえばOK…そんなふうにはなりません。とにかく、自分の店舗があるエリア、地域のお客さまが営業の命綱です。自然、地域のことに詳しくなりますし、反響営業を得るためにお客さんを大切にするわけです。

しかも、イエステーションは1エリア1店舗しか出店できないよう、本部がフランチャイズ加盟に制限をかけています。まさに、そのエリアはその店舗に任せた!という状態になるわけで、自然と本部もどの店舗に対しても熱心に指導をします。店舗がダメだと、そのエリアはイエステーションにとって捨てエリアになってしまいますからね。

イエステーションは、フランチャイズ店に当該エリアでナンバーワンになることを求めています。それだけの武器を与え、ノウハウも与えているという自負があるのです。

その姿勢は「イエステーションの志」として表明されています。

地域ナンバーワン、顧客満足ナンバーワン、これが車の両輪と呼べるように地域を十分に把握して顧客満足を追及します。医療にたとえると、大病院も必要でしょうが地域に密着した小さなかかりつけのお医者さんも必要です。

私たちはいわば、地域のかかりつけ医の集団を目指しています。加盟店の皆がスクラムを組んで、知恵と経験を出し合い「かゆいところまで手が届く」サービスを、お客様のことをほんとうに大切に思う仕事を提供していきます

また、イエステーションにはかなりたくさんの会員限定物件があります。

なんと、現在公開中の物件1万あまりのうち、4000以上が会員限定物件!つまり、名目上他サイトや他不動産会社でもリーチできない情報が4000件もあるということになります。

 

地に足の着いた営業の賜物と言えると思います。売主さんの直預かりであるということは、売却を直接依頼されているということ。ウェブで広告を出しているだけでは、このようにはいかないものですからね。全国130あまりのフランチャイズ店舗が、それぞれに売却を任されるほど信頼されているわけです。

 

会員登録すると、これらの会員限定物件が閲覧できるようになります。

それだけでなく、自分の欲しい物件タイプやエリアを登録することで、数多くの売却物件を手掛けている「イエステーション」から、優先して物件の紹介を受けることができるわけです。

 

「SUUMO」などの不動産情報サイトが検索上位を占めてきて、家選びは「自分で見つけるもの」という発想をしてしまう方が増えていますが、誰もが欲しい物件は、不動産情報サイトに出る前に売れてしまうことが多いのです。みんなが欲しいものは、限定された場所に出しただけで売れてしまう…この理屈は、家じゃない商品でも同じですよね。

 

そういったいわゆる「好物件」に出会うにはどうしたらいいか?

その答えは、多くの不動産屋さんを比較検討して問い合わせをする。または、地域に密着した頼りになる不動産会社に物件を見つけてもらう。その2択です。

イエステーションは、その「地域に密着した頼りになる不動産会社」として適していると思います。これが、イエステーションとおつきあいする大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

 

インターネット検索の使い心地…実際検索してみました

先述したように、イエステーションでは店舗が所在するエリアの物件のみを「登録物件」としています。

そのため、たとえば戸建て検索において、今日現在都内であれば「24路線ぶんしか物件がない」状態です。他社では90路線弱あるのに…

でもそれはデメリットなのでしょうか?責任を持てるエリアでのみ活動しているというのは、とても誠実なことのように思います。登録するだけならできますが、実際きちんと営業できるエリアなのかというのはまったく別のことなのです。お客さんをだますつもりのない姿勢というのは、とても評価できると思うのですが、いかがでしょうか。

 

前置きはさておき、イエステーション公式サイトからの検索を試みたいと思います。

「買いタイ」メニューから検索していきます(イエステーションのマスコットキャラクターは、タイのようです)。

まずは大エリアを選択し、そこから都道府県→「沿線」「エリア」「学区」検索が入ります。

ここの学区検索は一味違います。なんと、小学校名から物件を探せるのです。ふつう、物件を検索してその詳細に小学校があるかな、くらいなのに、なんと先進的というか…。そこまで有名な小学校・中学校がイエステーションの営業エリアにあるかというと不明ですが、ユーザーのニーズを汲んだ仕組みであるのは確かでしょう。

 

イエステーションは、非常に非公開物件が多いサイトです。また、営業エリア外の物件は掲載されておりません。そのため、その機能に比べて検索結果が少ない…という結果に陥りがちなように思います。

たとえば、「関東>東京>田園都市線(路線名)」で検索をかけていっても、結果は0です。住宅街エリアを通る路線なのに!?と思いきや、公開物件0、非公開物件59と言った具合です。

イエステーションでの検索は、まずは非公開物件を見られる状態でしたほうがストレスなく、また良い物件に出会えると思います。会員登録はそう手間ではありませんので、ぜひすることをおすすめいたします。

 

イエステーションの得意ジャンル・エリア

営業店舗があるエリアであれば、戸建てもマンションも得意と言えます。中古・新築戸建ても問いません。

 

イエステーションの口コミ・私の印象

センチュリー21と同様、フランチャイズ店舗の特徴は非常につかみづらく、やはり店次第…といった部分が大きいと思います。が、イエステーションに売却を依頼し、実に素早く売却を成約された方のお話をうかがえたので、イエステーションとの取引の一例としてそのお話をさせていただきますね。

 

私にそのお話しをしてくださった方は、都内でマンションにお住まいのご家族さま、40代のご主人でした。まったく別件のマンション購入の際に、お話をしてくださったんですね。

 

たびたび内見をして車でご案内をしていると、その車内では自然不動産関連のお話をすることが多くなります。まあ、家を買うということでつながっているご縁ですからね。そんなときに、問わず語りにご主人がお話をしてくださったのですが…

 

実は、数年前に父が亡くなりまして…。まだ40代のご主人なので、お父様もお若かったことと思うのですが、急にお亡くなりになったということでした。お母様については特に何もおっしゃっていなかったので、恐らく離別なり死別なりされていたのかと思います。

 

お父様が亡くなったあと、家が残されました。今時平屋でかつ狭い家でした。小さな庭のような場所がついていたんですが、まあオヤジ一人じゃ管理しきれなかったんでしょうね…もう、荒れ放題の草ぼうぼうで…。数か月に一度は訪問していたんですが、そのたびに自然の驚異を感じるほど、雑草がはびこり庭木が伸びて、お手上げ状態の家でした。

僕には弟がいましてね…弟と交代で見てたんで、なんとか孤独死なんかはさせないで済みました。葬儀も相続もすべてとりあえず済ませたんですが…。

家は、色々な関係で弟が相続したんでしばらく忘れていたんですがね。弟はどうしようか悩んだようです。更地にして売るのもテではありましたが、更地にする費用ももったいない。古家付きの土地、とするとあまり価値を感じる人はいなそうだ…。

立地は、都内に通勤することもできる程度のエリアでしたが、ファミリー向けの住宅を建てるにもアパートを建てるにも狭すぎる、どうにも使い勝手の悪い土地だったようです。

 

弟さんは色々悩んだあげく、複数の不動産会社で売却の見積もりをとったそうです。

その当時は、便利な複数不動産の比較サイトなどというものはなく、自力で売却の見積もり手配を行ったのですが、その中にあった一社が「イエステーション」のフランチャイズ店だったようです。

「イエステーション」の看板はついていますが、要は地元の不動産会社。大手にも売却の見積もり依頼を出していた弟さんは、あまり期待をしていなかったそうなんです。が…

 

見積もりが出そろう前に、イエステーションの営業さんが訪問してきて「都心からこのくらいの場所でこの物件、実は需要があるんですよ」と話をしてくれたそうなんです。

どういった方が平屋で狭い物件を欲しがるのか?というと、お年を召した女性が…ということなんですね。どういうことなのかと申しますと、ご主人に先立たれ一軒家を処分した女性が、マンション暮らしを嫌って小さい家を欲しがるというのは、割とよくあるパターンらしいです。小さい庭がついているとガーデニングなんかもできるから最高らしく、今回の物件はピッタリです、ということで…。

都内からそう離れていない場所ですと、都心にお勤めの息子さんや娘さんも様子を見に来やすいので、お子さんが背中を押しやすいんです。以前、そういった物件で成約したことがありますが、やはりお子さんが説得してくれたんですよ。そう、担当の方が話してくれたそうで、弟さんはなるほどと思ったそうです。

 

あまり高額だとローンが組めない方にはきついので、現状のイマイチな状態のまま売り出しをかけて引き渡しまでいってしまってもよければ、更地にする費用などは抑えられますが…という提案でした。

 

なるほど、物件をどのように使うかというのは、使うひと次第ということなんだなあと弟さんは感心し、この提案を飲んでみることにしました。私は、お父上が最後にお住まいになった家、自分の手で壊すのはしのびなかったんではないかな…とも思います。思い入れの重さというのはひとそれぞれですが、家を手放すということはなかなかパワーのいることなのです。

 

その後の経緯は詳しくは知らないけれど、と前置きして、このお話をしてくださったご主人は言いました。無事に家は売れたらしいですよ、大した値はつかなかったらしいけれど、とりあえず手放すことができてほっとしたと、また使ってくれているようだと、弟は話しており、自分もそれでいいと思っている。

複数の売却依頼を出したけれど、こういった提案をしてくれる会社は他になかったし、その立地の強みを知っている会社なのだなと思った…。

とても印象に残っている話らしく、ご主人はかみしめるようにお話をしてくださいました。

 

イエステーションでのそのお家の売却は、立地の強みをフルに生かし、さらに人の心までも考えるものだったのだなと思いました。見習いたいところです。

売却と購入はコインの表と裏です。このように家と人とをベストな形でマッチングさせることができるのは、イエステーションが地元に密着した綿密な営業活動をしており、かつ幅広い顧客を持っているからだと言えると思います

 

イエステーションは、こんなあなたにおすすめ!

  • イエステーションの店舗が所在するエリアで家をお探しの方。立地の特性や学区などの地域情報を総合して、家選びをしたい方。
  • どこにも出ていないお得な限定物件をお探しの方。

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-不動産会社の評判・口コミ

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.