不動産会社の評判・口コミ

すてきナイスグループ株式会社の評判や口コミ

更新日:

すてきナイスグループ株式会社は、神奈川県横浜市鶴見区に本社を置く住宅建築用資材の国内流通・輸入販売事業、住宅分譲・不動産仲介事業などを行っている会社です。

 

前身が、木材の会社なんですね。その沿革は1950年、市売木材株式会社として設立されました。その後木材だけでなく住宅機器や建材の取り扱いを開始。1972年より、戸建て分譲を開始し不動産業を行っているというちょっと変わった会社です。2000年より、現在の「ナイス」の社名となりました。

2007年、持ち株会社制に移行し「すてきナイスグループ」としてますますの飛躍を遂げています。古くから上場しており、安定した営業ぶりがうかがえますね。

 

営業内容としては「木材事業」「住宅事業」二本柱

となっております。

もちろん、このふたつの事業は相互に深い関係があります。木材事業で輸入木材を入れているから、住宅事業では輸入木材のおしゃれな住宅が得意、といった具合です。また、新しい技術にも敏感で、「すてきナイスグループ」の作る家はその恩恵を存分に受けたものとなっています。

 

住宅事業は、「ナイスアベニュー」の名称で建築条件付宅地あるいは建売住宅の分譲による開発・販売を横浜市・新潟市・郡山市・浜松市・高崎市などで行っています。エリアが特化しているのが興味深いですし、特化しているのにかなりの仲介・売買件数なのが素晴らしいですね。

また、2010年には本社のあるお膝元、鶴見駅前にあります再開発エリア「シークレイン」で、マンション分譲を行っています。「シークレイン」…海と鶴、地元に密着した複合施設っぽいですよね。ショッピングセンターや公益施設が集まった施設です。その中のタワーマンション「ロイヤルタワー横濱鶴見」の分譲を手掛けたのが「すてきナイスグループ」です。

 

次に、「すてきナイスグループ」の事業内容についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。サイトを見てくださっているみなさんがご興味をお持ちの住宅事業だけでなく、住宅に関係がある木材事業についてもお話させていただきますので、家選びの参考になればと思います!

 

すてきナイスグループの特徴、メリット

家作りのプロともいえるすてきナイスグループ。重点的に住宅部門について見ていきましょう。

まず、ナイスの中には「新築の建売、注文」「中古仲介(+リノベーション)」があることをおさえておきましょう。

 

「新築」つまりナイスが作る住まいについては、木材メーカーらしくやはり「命を守る」という明確なコンセプトが課されています。建物として堅牢であること。これはやはり家づくりの基本中の基本なのでしょう。

まず、この地震大国日本においてずっと考えていかねばらなない「耐震・免震」について。

先の東日本大震災より以前、阪神淡路大震災のころから、「ナイス」は免震・耐震技術に取り組んできていました。

その後も日本列島はたびたび震災に襲われていますが、2004年新潟県中越地震を契機に、「ナイス」は自社が分譲するマンションにおいて「免震構造」または建築基準の1.25倍もの「強耐震構造」を標準採用としました。

ご存知かと思いますが、「免震」とは免震材料を建物と基礎の間に挟み込んだ構造で、建物に直接揺れが伝わらないため、大きな揺れが生じても建物が急に振動しないという仕組みです。建物自体へのダメージを軽減するのみならず、家財によって命が奪われるリスクも軽減できます。また、「強耐震構造」とは、避難所や病院・学校と同じレベルの耐強度を持つ構造である、ということですね。安心感が違います。

 

一戸建ての住宅においては「地震に強い家」を目指し、耐震強度1.5倍の木造住宅を開発。その名も「パワーホーム」です。精度と強度に優れたオリジナルの構造躯体を開発しています。

 

そのどちらも設計の段階で素晴らしくても、実際の施工現場でのクオリティがイマイチではどうしようもありません。

「ナイス」はさらに、自社の設計職以外の人間で構成された「品質チェックチーム」を持っており、完成された物件をひとつひとつチェックしてから内覧に出します(不動産業界に関わっていないと「そんなの当然でしょ」とお思いになるかと思いますが…。意外と作ってそのまま売りに出してしまうメーカーさんが多いのです)。そのためちょっとしたクロス汚れや扉の開閉などの不備が極めて少ない状態、ナイスさんが言うところの「素適品質」で購入ができるのです。

 

「新築」の物件について少しご紹介しますと、新築マンション「ナイス」シリーズは、1971年の供給開始以降順調に数を伸ばしており、累計40000戸以上。現在も年間約1000戸を数えます。首都圏で10000戸弱、神奈川で2万ちょっとというところなので、やはり神奈川が強いですね。近年は「ナイス」の冠を付けていない物件が多いので、みなさんが意識していないところにも、「ナイス」のマンションがあるかもしれません。

マンション物件は、基本をコンパクトな4LDKとし、リフォームを視野に入れライフプランに合わせた住まいづくりができるマンションを目指しています。

マンション外観も「木」の会社らしくブラウンを基調とした温かみのあるデザインとなっており(「レイヤードブラウン」という名でデザインを統一しています)、見せかけのモダンよりも年を経てなお美しくをコンセプトにしているようです。

 

戸建て住宅は、先ほどもご紹介した「パワーホーム」ですね。

ここに興味深いキャッチがついています。「30歳までに実現する一戸建て住宅、パワーホーム」。

今時のお若い方は、結構30までにはお家を買わない方も多いですが…、つまり、高品質とグッドプライスを同時に適えているのが、「パワーホーム」であるということなんですね。

その品質といえば、近年の新築のトレンドワード「長期優良住宅」を超える、高い基本性能を備えているようです。「長期優良住宅」の認定を受けるには、耐震性能・断熱等性能・一時エネルギー消費量等級・劣化対策・維持管理対策のすべてで基準をクリアしなければなりません。その基準値をはるかに超えた最高級等級の家が「パワーホーム」なんですね。

 

中古物件の仲介については「ナイス住まいの情報館」というブランドで展開しています。

仲介する物件は、自社の得意エリアに限られているようですが、逆になんでもかんでもではないところに好感が持てますよね。

ナイスバリュープラスというサービスをしており、該当物件はハウスクリーニングや瑕疵担保責任の費用などを「ナイス」が負担してくれます。仲介業者のサービスとしてはなかなか珍しいので、欲しい家の中に該当する物件があればかなりラッキーだと思います!

物件数は多くはありませんが、「ナイス」の得意エリアで中古の家探しをする際には、ぜひ仲介のお付き合いも検討してみてくださいね。

 

そのどちらに関わるにしても、気軽な切り口として開かれているのが「住まいるCafe ナイス住まいの情報館」というスペース。

いわゆる「店舗」に当たるものなのですが、より地域に密着しコミュニティスペースとしての機能を重視することで、気軽な来店を促しています。Caféですからね、コーヒーを飲みにいくでもいいわけです。自ら「地域と暮らしのコンシェルジュ」を名乗っており、結構オープンスペースとして活用することに本気で取り組んでいるところに好感が持てますね。

たとえば地域の小規模な「花火大会」「フリマ情報」などの地域情報や、行政イベントなど。ネットでは拾いきれないものも多く、情報の集約をしている場所があればとても便利だと思います。また、住まいに関わるという意味で「収納セミナー」(人気がありますよね!)なども開催されており、家を買った後も買う前もかかわれるような工夫があります。

 

地震体験車を持っている店舗もあります。消防署などが持っている防災館にたまにありますが、体験されたことがない方も多いのでは?

実際の大地震の揺れに近いものを体験すると、耐震性能がとても気になるようになるはずです。住宅購入の前にお試しいただくと、はっきり言って意識が変わりますよ。

家屋の倒壊のリスクを避けるのは当然みなさんお考えのことと思いますが、小さなお子さんをお持ちの方なんかは特に、免震技術が気になるようになると思います。ものすごい揺れの中、家具が倒れこんできて下敷き…考えるだけで恐ろしいですよね。

免震・耐震の技術に真摯に取り組んできた「ナイス」らしい体験設備だと思いますね。

 

そういった体験やセミナーを通し「家」や暮らしについて考えていく、それが「すてきナイスグループ」が提供する「住まいるCafé」です。Caféの名の通り、カウンターがあるような店舗ではなくフリースペースとして使えるテーブルがありおいしいコーヒーをいただけます。また、コミュニティスペースとして利用することもできますので、地域のちょっとした集まりにも活用できそうです。

都内ですと木場と城南エリア。あとは神奈川になります。本社の所在する鶴見や京急、相鉄エリアにもありますね。

前述したように、「すてきナイスグループ」は全国の絶妙な都市で建売分譲を行っており、そのエリアには「住まいるCafé」の出店があります。たとえば、東日本エリアですと仙台市内に2店舗、福島県、新潟県、栃木県、群馬県。西日本エリアですと浜松市、愛知県、愛媛県など。

各店舗にはスタッフ紹介が詳しくついており(星座と血液型とか趣味とか…)、見ているだけで面白いです。それだけでなく、その地域に詳しい営業さんを探すことができますので、遠隔地からの転入を考えている場合、土地の特徴などを掴むにはカフェ形式の「住まいるCafé」は最適かもしれませんね!雑談交じりでそのエリアの情報を聞くことができる場所は、貴重です。

 

すてきナイスグループの得意ジャンル・エリア

本社のある横浜鶴見エリア、海よりのエリアでは新築マンション・戸建てともに豊富な実績あり。中古物件も、そのエリアでしたらある程度の件数持っています。

その他仙台市、福島県、新潟県、栃木県、群馬県。西日本エリアですと浜松市、愛知県、愛媛県など。

マンションの分譲数も非常に多いですが、やはり戸建ては木材メーカーという強みがあります。

 

すてきナイスグループの口コミ・私の印象

すてきナイスグループ、「ナイス」の営業マンは、結構ぶっきらぼうな方が多い印象です。なんというか、やはりメーカーさんが母体というのがあり、技術的な話しとかは得意なのですが、セールストークはというと…?

また、若干建築技術よりで、フレキシブルではないデザイン性など、好みが分かれる部分があるかもしれませんと個人的に思いますね。「パワーホーム」というお名前も、これ以上ないほど強さを表現してはおりますが、まあオシャレとは言えないというか…。

そういったところを重視する方には若干物足りない部分もあると思います。木の家=戸建てにおいてそれが顕著なのは、木の家だからこそ、自社の専門分野だからこそ、こだわっているという証左かもしれません。

 

ですが、ナイスのお家の良さと真価は、長く住んで理解できるものなのだと思います。

劣化しにくい家、大地震が起きても自分のところは大丈夫。こういった「安全が一番」という価値観のもと家選びをするのは、家族の命を守る者としては半ば義務だと言えますよね。

「すてきナイスグループ」の家は、そういった責任を重く背負った方には頼りになるハウスメーカーだと思いますよ!

 

すてきナイスグループは、こんなあなたにおすすめ!

  • とにかく頑丈でしっかりした戸建て住宅・マンションの購入を希望されている方。
  • 横浜鶴見エリア、その他仙台市、福島県、新潟県、栃木県、群馬県。西日本エリアですと浜松市、愛知県、愛媛県などで、戸建て・マンションをさがしている方。新築でも中古でも対応可能です!

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-不動産会社の評判・口コミ

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.