不動産会社の評判・口コミ

スターツグループの評判や口コミ

投稿日:

スターツコーポレーション株式会社は、不動産の賃貸・仲介・管理などを傘下とする純粋持株会社。

前身は、1969年創業の千曲不動産という江戸川区の会社です。現CEOの村石 久二氏が夫婦ふたりで創業しました。圧倒的な顧客の支持を得て、そこから不動産はもちろん、建設、物件管理、メンテナンス、金融証券、出版、ホテルなどのリゾート関連など幅広く手を広げて現在に至ります。

大規模なリストラを行わずに財務体質も悪くならずに、この規模まで会社を大きくしたことは、驚異にあたりますね。

スポーツ活動にも力を入れており、卓球の伊藤美誠選手と所属契約を交わしています。文化活動への協賛も多く、新日本フィルハーモニー交響楽団や花火大会にも。がんばる人間に、響き合うという理念に、地域発展のために…身銭を切る企業の在り方は、儲け第一主義の会社とは一味違う理念を感じますね。

 

打ち込む人の姿、取り組む心のあり方、「人が、心が、すべて。」であること。

これが創業以来、色褪せず、変わることのないスターツの企業理念です。

 

この強いメッセージが、働くひとびとの活力となっていることでしょう。

 

スターツグループはレジャーや海外事業など、手広いのです。出版ではオズマガジンなどを持っており、不動産出身の会社が?と思いますよね。そして住宅分野のブランドとして、ピタットハウスで知られています。

 

上記のメッセージが、顧客満足にもつながっているのか?

それでは、スターツコーポレーションの不動産関連事業を、住宅購入希望者の目線で詳しく見ていきたいと思います。

 

 

スターツグループの特徴・メリット

スターツグループの中には、不動産事業として4つの子会社があります。

  • スターツピタットハウス株式会社
  • スターツデベロップメント株式会社
  • スターツコーポレートサービス株式会社
  • ピタットハウスネットワーク株式会社

それぞれどのような会社かというと、

  • スターツピタットハウス株式会社
    スターツピタットハウスは地域と物件(賃貸・購入・売買)に詳しい不動産会社です。
  • スターツデベロップメント株式会社
    千葉、東京、埼玉の新築分譲マンションならアルファグランデシリーズ・クオンシリーズのスターツデベロップメント
  • スターツコーポレートサービス株式会社
    スターツコーポレートサービスは、法人様の不動産課題を全力で解決します。
  • ピタットハウスネットワーク株式会社
    不動産フランチャイズ(FC)の加盟ならピタットハウスネットワーク ソフトとハードの両面からサポート。不動産フランチャイズ(FC)の加盟なら当社へ。

という区分になりますね。要するに、新築分譲をお探しなら「スターツデベロップメント株式会社」へ。それ以外の住宅をお探しの場合は「スターツピタットハウス株式会社」が担当となります。ピタットハウスネットワークはフランチャイズ店向けの事業なので、名前が似ていてややこしいですが、お問い合わせしてはいけないのです。

 

多数の地場の不動産会社とフランチャイズ契約を結ぶことにより、全国600店もの出店をしています。実は、海外にも35店舗あります。多いですね!フランチャイズ契約により、他社では手薄になりがちな地方にも豊富に店舗を持っています。これは大きな強みと思います。

フランチャイズ契約というと放漫なゆるい「のれん分け」みたいな状態が想像できるのですが、ピタットハウスは「接客コンテスト」やレイアウトコンテスト、エクステリアコンテストなど様々な賞を作り店舗の意識を高める工夫をしています。また、ミステリーショッパー(覆面調査員)を活用し、実際の店舗での接客にもしばしばチェックを入れています。

ピタットハウスが求める「ホスピタリティーNO.1」の実現のためにフランチャイズ店舗のレベルを引き上げる努力、きちんと実っているように感じますよ!このあたりが、先述した「ピタットハウスネットワーク」の取り組みの分野のようですね。

 

さて、ピタットハウスですが、賃貸と販売等しく力を入れて取り組んでいます。

不動産購入サイトは、地域に根付いたネットワークを生かした造りになっているのが特徴ですね。

たとえば、買いたいマンションが決まっているのに空きが出ない…こういうときには、「中古マンションカタログ」からマンションを選び登録しておくのがお勧めです。空きが出たら情報をいち早くつかみ、案内してくれます。

こういうのはきちんと地元にネットワークがあるからこそできるのです。見込み顧客のニーズを押さえ、アンテナを張り続ける自信があるのでしょう。大変心強いことではないでしょうか。

 

店舗ごとに競争をさせ、地域愛を深めて物件にひとつひとつの物件や案件に当たっていくというやり方は、顧客にとってひとつの保証になります。なぜなら、地域に根差すためには、丁寧な営業活動が不可欠だからです。

ネットの世界以上に現実の世界の口コミって怖いもので、一度ついてしまったイメージは、その地域で延々と共有されます。一度まずい取引をしようものなら、地元のマダムは何年たってもその話を拡散し続ける…なんとなくその感じ、お分かりいただけますよね。

大手の不動産会社の中には、転勤続きで地域に密着する余裕がないという営業マンがたくさんいます。ピタットハウスの営業さんは、まず地元の不動産会社さんの人であり、後からピタットハウスのマナーや振る舞いを身に着けていく…そんな感じです。

 

さて、新築の物件について。こちらはグループ内の「スターツディベロップメント株式会社」が手掛けており、創業の地である千葉と城東エリア(江戸川区)では分譲の実績も多数あります。

分譲マンションの「アルファグランデシリーズ」、分譲戸建ての「クラシード」シリーズなど。いずれも新規分譲は終了しておりますが、評判のいい物件です。

 

現在は高級分譲マンション「クオンシリーズ」が始動し、新浦安で分譲中です。こちらは、中庭に池を配し共有部には多数のアートを展示するなど、かなり贅沢な作りとなっています。本当に、まるで美術館です!立地が許す豊かさを存分に享受できるマンションなので、ご興味を持たれた方はぜひご一覧を。

 

インターネット検索の使い心地…実際検索してみました

それでは、ピタットハウスのホームページから、実際に物件検索をしてみたいと思います。

 

賃貸や不動産の売却メニューもありますが、家が欲しい私たちは迷わず「買う-不動産購入-」をナビゲーションから選んでいきます。

いきなり展開するのは、全都道府県の地図!店舗や物件がない県ももちろんありますが、なかなか胸を張って日本全国図をトップに持ってこれる不動産会社はないのです。ためしに、ふるさとの物件とか検索してみたり(あ~、あのあたりで一戸建てを買うとこれくらいなのか)。

しかしここもまた、マンション検索と一戸建ての検索が分かれています。う~ん、ユーザーからしたら使い勝手がよくないと思うんだけどなあ。

次は探し方の選択です。「沿線・駅から探す」「地域から探す」「地図から探す」お決まりのこの3つに加え、「通勤・通学時間から探す」と「学校名から探す」がついています。「校名から探す」珍しいですねえ。ちょっと検索してみますと

 

まず、学区を区切ってさがしてくれるわけではないようで、徒歩圏内(2キロ圏内)の物件を表示してくれるようです。

また、学校の最寄り駅を表示。周辺地図や、近隣のピタットハウスの店舗紹介、周辺の新着物件などが表示されます。

高校や私立中学に通うお子さんがいる方には、需要があるかもしれないな~という機能ですね!

 

その他の検索は、まあ標準といったところでしょうか。う~ん、若干、選択肢が細かくて煩わしいところもありますね。親切すぎるというか

詳細ページも、これは店舗単位で入力を行っているのか、内容に多少のばらつきがあります。写真の質とか価格の表記方法が違ったり…。ウェブでの物件案内に力を入れている店舗とそうでない店舗がある、ということなのでしょう。実店舗が強かったり広告から顧客を引けるのであれば、それもやむなしかなとは思いますが、物件詳細ページが充実しているほうが、検索サイトとしては有用であるというのは言うまでもありませんね。

 

さて、キーワード検索も見ていきます。

…と思いましたが、なんとフリーワード検索がありません!こういうサイトははじめてかも…

でも、フリーワード検索ってだいたい不動産会社側から見たら不本意な内容しか引っかからないと思いますので、なくしてしまった方がいいのかもしれませんねえ。検索エンジンの性能によって、本来表示されるべき物件が掬えなかったりというのは、もったいないことでしょう。

それではと、沿線検索から「JR山手線>池袋駅」で検索してみましょう。

一戸建ての物件は2件、マンション物件は59件表示されました。

地域が明らかに間違って登録されているものや、物件の重複もかなり見られるので、物件の登録量を一概に測ることは難しいのですが…

マンションに関してはまあまあ、戸建てはあまり無いな、少ないな~という感じかもしれません…。大きなターミナル駅ですし、他物件サイトをずっと見ているので、どうしても比較してしまうので…

ピタットハウスさんは、住む地域がだいたい決まっている方が、その地域の店舗の方とお話して物件を探すという使い方が適した会社さんです。

なので物件検索の精度に全力を挙げたり、物件登録に血眼になる必要は、そんなにないのかも…?

 

 

ピタットハウスの得意ジャンル・エリア

全国の賃貸物件。全国カバーしているという意味ではとても強いです!

物件種別としては、どちらかと言えばマンションでしょうか。流通量が多いからかもしれませんが…。

 

 

スターツグループ(ピタットハウス)の口コミ・私の印象

一口に企業の印象といっても、営業さんによって本当に様々なのはご理解いただけると思います。

ピタットハウスさんはフランチャイズ方式をとっているので、一般企業よりもさらに営業さんの質はバラバラと言えると思います。一定に保つ努力は必ずされていますが、やはり各人の上司は最終的には「店舗の責任者」までであるという組織なので、店舗の責任者の質に左右されるからです。

 

仮に各人・各店舗で能力差が存在するにしても、フランチャイザーであるピタットハウスさんが各店舗に徹底しているのが、「地元を愛する」という方針です。

ここでは、それがよく表れている事例について紹介していきますね。

 

それはピタットハウスさんのホームページなんですが、この会社の公式ホームページは一見の価値がありますよ。

ただ物件検索サイトとしてではなく、読み物として成立している部分があります。「住みたい街が見つかる・街ピタ」というブログです。

 

ここでは、各店舗のスタッフが、自分の担当しているエリアの街について、宣伝抜きのおすすめスポットを紹介してくれています。これがリアルで、とてもいいんです。

よく不動産会社の中では「営業マンブログ」みたいなのを開設していますが、営業マンがどんな人なのか、なんてことには普通はそんなに興味ないですよねえ。

大概は物件紹介記事になっちゃってて、物件の詳細を見ればわかることばっかりをおざなりに書いていたり、電話しても全然つながらない営業マンが「休暇でバリに行きました~」みたいな記事を上げててイライラしたり(休暇は必要ですが)…。やらされてる感がすごいなあ~、今の不動産営業マンってプライベートまで顔出しで晒さないといけないなんて大変なんだなあ~って思うことしきりなのですが。

 

同じブログでも、「ピタットハウス」のブログは、「地域ブログ」なんですね。

たとえばこんな具合です。

月間投稿数2位(ここでも店舗ごとの競争があるのです!)の「ピタットハウス豊岡店」の記事です。

 

「独特メニューの洋食屋さん マ・メゾン」

「お城ですか?いいえ、温泉です? 福知山温泉 養老の湯」

「バイクのあるカフェ AKgarage café

 

私、豊岡のことは寡聞にして存じておりません。関西に滞在すると、天気予報で兵庫の中を「神戸」「豊岡」と分けているのを見たことがあるくらいで…。雪の多いエリアだという認識しかありませんでした。

それがどうでしょう?素敵な洋食屋さんがあり、お城のような温泉があり、バイクのあるおしゃれなカフェがある、そういう街なのかな?訪れたこともないのに、そういうわくわく感を抱かせてくれます。

ネットで検索しても、地元の方のナマの声にはあまりたどり着けないのですよね。どうしても観光案内のようなものだったり、自治体の公式サイトであったり…そういったものばかりが検索にかかってきます。

そんな中、ピタットハウスさんの営業さんが自ら経験されたこと、おすすめしたいことが満載のブログはとても面白く、住む町について検討するときのひとつの材料にできると思います。上記の洋食屋さんは、ブログのご担当者さんが高校生のときからあったんですって!まさにナマの声です。ヨーロッパ古民家ふうの洋食屋さんがきちんと地元に根付いている街。そこに豊岡市の豊かさを感じませんか?

 

もうひとつ事例を。たとえば、東京都下の「調布」なんてどうでしょう。

こちらで、ブログの担当者さんは「手芸用品店」「靴の修理やさん」「子育て応援カフェ」「地元密着の秘密のカフェ」「老舗の古本屋さん」…なんかを紹介されています。

どれも、どこにでもありそうなお店ですが、自宅の近くにあったら嬉しいお店ばかりですよね。特に子育て中であったり、出産を控えた女性なんかには、有益な情報だと思います。調布という場所の、地に足がつき生活を楽しむ住民の姿が見えてきます。自分もその街に住んで、色々なお店を探検したくなりますよね。

 

こういったブログをなぜ書くことができるのか、というと、そこに愛があるからじゃないでしょうか。

不動産の営業マンは日々外を飛び回っているので、必然的に外食が多いですし時間つぶしのためにカフェにもよく入ります。なので、その地域のことはみんな知ってはいるのです。

 

でもそれを、「この町のこういうところがとってもいい」「好きだから、紹介したい!」そういった形でアウトプットするには、やはり「地域への愛」が必要だと思うんです。

 

文才とかゆとりとか他にも必要条件はあると思うのですが、もしご興味がおありでしたら、現在お住まいの地域のピタットハウスの「街ピタ」に、ぜひアクセスしてみてくださいね。自分が住んでいる街がどのように見え、どんなスポットがあるのか?そういう記事を読むうちに、ピタットハウスが考え発信する「地域への愛」が身近に感じられると思いますよ!

 

そういった不動産会社って、あまりないです。

はっきりと住みたいエリアや地域が決まっていたら、これほど心強いパートナーになる会社さんもないかもしれませんね。

 

ピタットハウスは、こんな方におすすめ!

  • 住むエリアが決まっており、その中でじっくり物件探しをしたい方。
  • 賃貸も視野に入れてお考えの方、単身世帯の方。

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-不動産会社の評判・口コミ

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.