不動産会社の評判・口コミ

セキスイハイム不動産株式会社の評判や口コミ

更新日:

セキスイハイム不動産株式会社についてお話する前に、この会社の成り立ちからお話をしたほうがいいかと思います。

セキスイハイム不動産株式会社は、セキスイハイムの子会社。セキスイハイムは、積水化学工業住宅カンパニーのブランド名称です。積水化学は実に多角的な企業で、たとえば「ポリバケツ」の登録商標を持つ化学メーカーでもあります。このようなプラスティック製品(配管など)を「利用していく」という発想のもと、様々な製品が生産されています。

 

さて、積水化学工業住宅カンパニーが筆頭株主の「セキスイハイム」はその名の通り、住建メーカーですね。

セキスイハイムの家で特徴的なのは、その構造です。

鉄筋系住宅が代表例となりますが、工場で鉄骨ラーメン構造のボックス型ユニット(広義のプレハブ工法)を生産し、それを建築現場において組み合わせるという方式がセキスイハイムの基本概念になります。この工法は革新的で、未来技術遺産に選定・登録されています

住む人間にとっても、筋交いがない家になりますので、家のプランの自由度が大変高い、というところがメリットでしょう。吹き抜けや大きな開口部のある家が得意です。

 

また、木造系住宅でも2X4(ツーバイフォー)住宅を手掛けており、こちらは「セキスイツーユーホーム」というブランド名で売り出しています。お値段も鉄筋住宅より多少は抑えることができます。

どちらも、建設現場での時短や、耐震性に優れた住宅を生産する手法です。実際、両工法で建造された家の全半壊は、近年起きたどの大地震でも起きていません。これはなかなかすごいことですよね。

また、「ユニットを組み合わせる」という工法だからこそできる、「再築システムの家」というものを販売しています。古いセキスイハイムの家を買いたいしたときに出る廃材(通常は産業廃棄物になります)をユニットとして、工場で点検などを行い、問題なければ新たな家の建材として使うというもの。とってもエコですし建材費を押さえたい施主にはもってこいのサービスです。建材は表から見えませんしね。

不要になったモデルハウスを安価で下取りできるキャンペーンや、高断熱をいかし、太陽光発電や高効率の急騰システムを搭載した「光熱費ゼロ住宅」など、新しい試みを次々と行っています。

「家」という構造を外から眺め、タブーを恐れず新しいことに挑戦しているハウスメーカーだなあと、いつも思いますね。

 

このような「セキスイハイム」の子会社である「セキスイハイム不動産」ですが、こちらはセキスイハイムの中古住宅の扱いを特に得意とする不動産会社です。

 

「不動産は有効活用してこそその真価が発揮される」という考えのもと、セキスイハイムが手掛けた不動産の売買仲介を中心に、アパートの管理・運営をはじめとする資産有効活用のための幅広いコンサルタント業務にまで手を伸ばしています。

セキスイのグループは、観念的な部分だけでなく「役に立つ」ものを作り使っていこうという姿勢があり、とても好感がもてますね。

 

私たち不動産購入希望者がかかわる部分としては、やはり不動産の売買仲介部門となるでしょう。それでは、セキスイハイム不動産株式会社について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

セキスイハイム不動産の強み・メリット

やはり、強みとしては、セキスイハイムグループがバックについていることと言えるでしょう。
幸い、住宅関連の資産形成に長い歴史と多くのノウハウをもつ、積水化学工業株式会社を中心とするセキスイハイムグループが、全国にそのネットワークを有し、バックアップ体制を取っています。住宅だけでなく資産運用管理という発想があるのが興味深いですね。

一例をあげますと、グループ内にこのような住宅関連の会社があります。

  • 住まいのコンサルティング(保全・階層・増築・塗装・設備)を担当する「セキスイファミエス株式会社
  • インテリア・エクステリア全般の企画・設計・工事管理や建材の販売を担当する「セキスイデザインワークス株式会社
  • 家財保険の「セキスイハイム不動産少額短期保険株式会社
  • 賃貸運営関連にはなりますが、家賃債務保証・連帯保証人不要システムの「セキスイユニディア株式会社

様々なセキスイのグループ会社がある中で、やはり縁が深いのは「セキスイハイム」そのものと言っていいでしょう。

セキスイハイム不動産は、やはり取り扱い物件の中で「セキスイハイム」建造の中古住宅を強くおすすめしています。

それはそうだと思います、セキスイハイムの家は鉄筋造なので耐久年数が長いですしそもそも長く住むための住宅なのです。よって、中古であってもそれなりのお値段はしますし、絶対数が少ないので、中古市場に出回る物件もそんなにありません。

ですが、運よく希望エリアにセキスイハイムの中古住宅が出たときには、何はなくとも内見まではするべきです。

セキスイハイムの家は、当然ですが新築時にもかなりのお値段がします。そうなると、新築時には内装・設備なども気合を入れている家が多い、のです。つまり、中古でその家を買うということは、それらの設備類が、(比較的高いとはいえ)まるっと手に入るのです。後付けで設備仕様を整える手間とコストを考えると、結構お得な取引になることが多いようですよ。

 

セキスイハイムの家は、はっきり言って調べれば調べるほど魅力的です。

特に冬場の室内の暖かさは、木造住宅と比べ物になりません。「かえりた~い、かえりた~い、あったかハイムが待っている~」、あの歌に納得です。

木造の家は、冬場の地階フロアは本当に冷え込みます。朝起きて階段を降りるのがイヤになるくらい冷えますよね。あれがないのです。木造住宅から引っ越したら、住み始めて冬を迎えて、きっと実感すると思いますよ。

 

そんなセキスイハイムの中古住宅を優先的に取り扱っているのが、セキスイハイム不動産です。これを強みとメリットと言わずしてなんと言いましょう?

 

インターネット検索の使い心地…実際検索してみました

さて、セキスイハイム不動産の物件検索を利用して、物件を探してみましょう。

 

セキスイハイム不動産株式会社、という、そのまんますぎるサイト名の「買う」タブから探していきます。他にも「売る」「借りる」「貸す」が並列してタブ化されています。セキスイハイムの住宅は、賃貸でも広く活用されていることがわかります。商用品質に耐えうる住宅ということですね。

 

「買う」タブの直下は、「物件検索・セキスイハイムの中古住宅」となっています。

最初にセキスイハイム建造の物件を一覧し、無ければ通常の中古住宅を探すというフローです。エリア別に物件が一覧できるようになっていますが、セキスイハイムの中古住宅はやはり人気で、私が見たときはあまり物件数がありませんでした。

でも、セキスイハイムが作った家を探している方は、なにはなくともこちらのページを探したほうがいいですね!「購入希望条件登録」もできるので、希望エリアや価格を登録しておいて気長に探すのもテです。ちょうど欲しい物件が出てくるには、時間がかかるかもしれませんからね。

 

それ以外の中古物件、通常の売買仲介物件の検索メニューもありますが、やはり数はそんなに多くはないかもしれません。

中古戸建で、都内に4件(しかも全部セキスイハイム施工でした)。中古マンションでも6件。こちらのサイトは、ぶらっと物件検索に訪れるようなサイトではないのでしょう。

セキスイハイムの家を買うと心に決めた方だけが物件検索でお世話になるのであれば、一覧の表示の方法や検索性能に文句などないと思いますね。

 

セキスイハイム不動産の得意ジャンル・エリア

エリアとしては全国に広がっていると言えます。土地が広めの地方都市のほうが、セキスイハイムの良さが生きる家を作っているように思います。都内は収益物件を多く展開していますね。

得意ジャンルとしては、セキスイハイム施工であれば新築・中古問わずと言えるでしょう。

 

セキスイハイム不動産の口コミ・私の印象

セキスイハイムの家を中古で売りに出す方の多くは、セキスイハイム不動産に仲介を頼むのではないでしょうか。

というのも、セキスイハイムの住宅は、どうしても購入後のメンテナンスにセキスイハイムとかかわることが多いんですね。何しろ、仕様がオリジナルです。そのへんの工務店よりもセキスイに頼んだほうが安心という部分があるのでしょう。

セキスイハイムの家は見た目もハコのように角ばっていてオリジナルですし、雨どいなどは積水化学の製品を使っています。どう考えても、セキスイハイムに頼んだほうがいいのだと思います。

そういった長い付き合いの果てにとうとう住宅を売却するとなったときには、セキスイハイム不動産に仲介を頼むことになります。

やはりよいところも悪いところも知り尽くしたセキスイハイム不動産に査定を頼むのが一番でしょう。何しろ、一般の中古の木造住宅よりセキスイハイムの中古住宅は高いのです。「どうして高いのか」「どういった価値があるのか」を買主にきちんと説明できる営業マンでないと、いつまでも経っても物件は売れませんからね。

セキスイハイムの家は、角ばっていて好みが分かれます。見ようによっては、ちょっとカッコワルいです。断熱性能だって、築20年のセキスイハイム住宅であれば、最新の木造住宅に劣る可能性も…

こういった仕様変更の歴史や特徴など、すべてが頭に入って、心からセキスイハイム住宅をおすすめできる人材。これは、何をおいてもセキスイハイム不動産の営業さん以外はいないのではないでしょうか。

 

セキスイハイム不動産は、こんなあなたにおすすめ

  • 「セキスイハイムの家」が欲しいとお考えの方。

中古のセキスイハイムの家の情報はまずこちらに集まります。チェックしておいて損はありません。

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-不動産会社の評判・口コミ

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.