不動産会社の評判・口コミ

三菱UFJ不動産販売の評判や口コミ

更新日:

こちらも大手ですね。三菱UFJ不動産販売株式会社は、三菱UFJフィナンシャル・グループの不動産会社です。

2001年、菱信住宅販売(株)と日信住宅販売(株)が経営統合し、日信住宅販売(株)を存続会社として社名変更、三菱信不動産販売株式会社となる。

その後2005年10月、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が発足。三菱信不動産販売(株)とUFJ住宅販売(株)が経営統合し、三菱信不動産販売(株)を存続会社として社名変更、三菱UFJ不動産販売株式会社となる…というのが沿革のようです。

東京に本社、本店を構える東京の会社ですね。店舗数も、首都圏が最も多いです。

「託せるクオリティ」三菱UFJ不動産販売

こんなキャッチがついていますが、実に質実剛健というか…。
「託」の文字が入っている通り、三菱UFJ信託銀行グループであることが随所で強調されています。

その他の大手さんの不動産会社のように特に何かメッセージを発信しているわけではないのですが、お役立ち情報の発信営業マンの有能さは素晴らしいです!

それでは、もう少し詳しく「三菱UFJ不動産販売」についてみていきましょう。

三菱UFJ不動産販売の特徴とメリット

不動産取引に、信頼と安心を。それが私たちのテーマです。

この言葉のとおり、この会社の大きな強みとして存在しているのが、MUFGグループの一員であるという安心感です。

MUFGJグループの連携体制

画像引用元 三菱UFJ不動産販売「会社情報」より https://www.sumai1.com/company/

この図を見ていただいてもおわかりいただけるように、不動産売買という事業は「証券」や「信託業務」などと同列の、資産を取り扱う事業としての位置づけです。これが住まいというものの価値(住み心地や趣味嗜好といった、金銭的に換算が難しいもの)を重視する、ハウスメーカー系などの不動産会社とは違うところでしょう。

これをメリットととるか、デメリットととるかは求める住宅次第と言えると思います。

単純に「住み心地のよい家を探しているんです~」ということであれば、三菱UFJ不動産販売の姿勢は物足りないかもしれませんね。とはいえ、現場の営業マンはみなさん優秀なので、きちんとお話をすればよい住宅購入ができるとは思いますよ!

ただ会社の姿勢として、購入者に寄り添った住宅購入となるかな?とは思いますね。

これが、新規で住宅を購入したいんだけど、たとえば賃貸部分を建物の中に作って家賃収入を取るというプランはどうだろう?…こういうような相談は得意です。なぜなら、賃貸部分を作るというのは「資産形成」に関わりますからね。

…というような考え方でおつきあいすればいいのではないでしょうか。

どんなケースになるにせよ、「三菱UFJ不動産販売」の営業マンはプロです。

繰り返しますが、とても有能な方が多いイメージ(のちほど口コミの項目でお話させていただきますが)。物事をさくさく進めたい、実は色々な事情がある…そういった方の不動産の購入・売却にはとても心強い不動産会社だと思いますよ!

店舗は首都圏に22センター、名古屋圏に3センター、関西圏に7センター。いずれもアクセスがよく、相談しやすい場所にあります。
お仕事でお忙しいご主人さまがメインで家探しをするような場合にはもってこいです。

また、HPには「相続税対策の住宅購入」や「ライフプランシミュレーション」など読み物のコンテンツが多いです。勉強になるので、ご自身が関連しそうなコラムについては目を通す価値があると思います。

会社全体が不動産購入を人生におけるひとつのイベントととらえ、それで家を買うにはどうするか?買った後どうするか?という方向を向いていることが見て取れます。

これって結構大切なことで、家を買って終わりではないという意識でこちらと向き合ってくれるのはありがたいことなんですよ。高い住宅を買わされてハイおしまい!ではなく地に足がついたプランでいてくれるというわけですからね。

自治体別住みよさランキング」にも、住みやすさと共に、資産価値の高いエリアは今ここです!という明確なメッセージが見てとれます。

たとえば「東京都武蔵野市」は、安心度20位、利便度〇位…みたいなかんじでランクをつけ、最終的に偏差値にしてランキング化してくれているんですね。

実際の住みやすさもそうですが、ここは収益物件の販売にも大変力を入れているので、「資産としての価値」が高まっているエリアを紹介してくれるというわけです。

ふんわりとしたイメージではなく、実利的に物事をすすめていく「三菱UFJ不動産販売」の特徴、なんとなくつかんでいただけましたでしょうか?

好き嫌いあると思いますが、比較的男性がフロントに立って売買を進めるときにおすすめかな~と思っています。

インターネット検索の使い心地…実際検索してみました

「三菱UFJ不動産販売」のHPは、「すまい1(ワン)」という名前がついています。…が、あまりブランドとして確立するつもりはないのかな?

「街探検」的な読み物があるかと思いきや、専属のライターさんたちが書いていたりして、営業マンにそんなことをやらせません(笑)。そういうところがウリでは無いのだなあ、と強く感じます。でも、街の魅力について語ることは必要だと考えるこのバランス感覚が素晴らしいですよねえ…。

検索も非常にシンプルで使いやすいものです。それでは、いってみましょう。

まず、「首都圏」「名古屋」「関西」「その他」のエリア選択をします。

その後で「マンション」「一戸建て」「土地」と選択して、エリア検索、沿線・駅検索、地図検索と続いていきます。

地図検索がなかなか面白いですね。文字情報じゃない検索って大概ページの反応があまりよくなくてイライラするのですが、HPの表示も早くてストレスがありません。駅というより物件の所在地から探したい方は、ここの検索はおすすめです。たとえば、〇〇病院の近くで探したいけれど…みたいなときは、駅から〇分って探すより精度が高いですよね?

条件検索のレスポンスも早いです。表示は「大きく表示」「一覧表示」とふたつありますが、デフォルトの「大きく表示」が非常に気が利いていていいと思います。
物件外観と間取り図のみに写真をしぼり、所在地、交通アクセス、築年数、間取りなど、まず検討する情報を掲載しています。物件の比較検討がとてもしやすいんですね。

詳細ページに入りますと、これまた必要情報がコンパクトにまとめられています。物件の「住まいとしての」機能説明には、おそらく担当さんの力の入り具合によってバラバラです。力が入っているページは360度パノラマやおすすめコメントなども。でも、若干乏しいページもちらほら…かもしれませんね。

物件のアピールポイントに「所有権」とかが入っています…!たしかに、所有権なのか借地権なのかはすごい違いなんですけどね(汗)。駅徒歩〇分とかの隣に書くんだなあ…。

大きなポイントは、簡単な支払シミュレーションが各物件詳細ページについていることでしょうか。

「かんたん!支払いシミュレーション」という機能で、あらかじめ物件価格が入力されたフォームがあります。

そこに、「金利」「頭金」「ボーナス返済」「返済期間」を記入すると、元利均等返済で返すパターンの月々の返済額を、自動で計算をしてくれるというものです。

物件をあれこれ見ていると、とりあえず検討フォルダに~となんでも後で検討することにしてしまって後でチマチマひとつずつ計算してガッカリ…とか、検討フォルダに入れるだけいれてそのままになったり…ということが多いようなのですが(お客様がおっしゃってました)、この機能によって自分の手が出る物件なのかということがすぐわかります。

入力後まったく待ち時間なしページの遷移も無しで即返済額を返してくれるので、無理なものは無理なことがスグわかりますしとてもいいのです。話が早いのです。さすが三菱UFJ不動産販売さんです。

ボーナス払いがいくらだったら月〇万、35年払いなら・30年払いなら…というのも一覧にしてくれますので、たとえば返済計画を「35年」で当初考えていたとしても、「ボーナス月に30万追加で頑張れば、30年で返すめどがたつな…」など一目でわかります。

こういう一覧表ってなかなか出てこないので貴重です!ぜひ、便利に使っていただけたらと思います。って私は三菱UFJ不動産販売の人間ではないんですけどね。

こちらの試算はあくまで簡易試算なので、実際にローンを借りられるかという問題もありますし、目安です。でも、何もないよりはるかに検討しやすいですよね?
物件の詳細ページにこういったものを付けるセンスがとっても三菱UFJ不動産販売っぽくて好きですね。

さて、フリーワード検索も検証します。
「池袋駅」で検索すると、マンションでは7件ヒット。一戸建てでは検索結果がありませんでした。う~ん!?無いってことはないはずなので、調べ方がわるいのかな。

次に「池袋」で検索すると、一戸建てでは200件以上ヒットしますが、「西武池袋線」とかそういうキーワードが入ってきて全くエリア違いのものもひっかかってきてしまいます。

どこの不動産情報サイトもそうですが、キーワード検索より、エリア検索・駅名検索・地図検索など、サイト側が用意しているメニューを利用して探していくほうがよさそうですね。

「三菱UFJ不動産販売」の得意ジャンル・エリア

どちらかと言えば中古・マンションが得意と言えるでしょう。中古といっても築浅で、高価値の物件が多いです。

得意なエリアは首都圏。店舗は首都圏に22センター、名古屋圏に3センター、関西圏に7センターあります。静岡や岐阜などの該当エリアの近辺であっても、物件がないことも多いです。都市部特化型と言えると思います。

「三菱UFJ不動産販売」の口コミ・私の印象

繰り返しで申し訳ありませんが、三菱UFJ不動産販売の営業さんたちは有能です。

HP上の店舗紹介ページの中に営業スタッフ紹介があるのですが、お顔を出して趣味や出身地など色々なことを書かれているのですが…、当然のように「資格」という項目があり、当然のように宅地建物取引士は皆さん取られていて、さらに住宅ローンアドバイザーやらファイナンシャルプランナーの資格も持っていらっしゃる方が多数。

ここであまり有能じゃないと、生き残れないだろうなあ…と思ってしまいますね。繰り返しになりますが、宅建の試験はある程度勉強しないと取れませんからね。

みなさん、努力家の勉強家でいらっしゃる、ということです。適当に口だけで営業するようなタイプの方はここではやっていけないでしょう

問題は、その知識や努力を、どのような形で顧客サービスにつなげていくか、ですよね。私たち一般のお客さんからすると知識はもちろんほしいけれど、それを活かした親切さが一番欲しいですものね。

三菱UFJ不動産販売の営業さんのがどんな方か、私が遭遇したエピソードを交えてお話させていただきますね。みなさんがそうと言うわけではありませんので、ご了承ください。

三菱UFJ不動産販売の営業さんの印象

私が不動産の購入をお手伝いしたある壮年のご夫妻のエピソードなのですが、あれは場所的には都下エリアで勤めているときでした。私がかかわったのは新居の購入の部分なので、売買契約の折に奥様と雑談をしていておうかがいしたお話です。

ご主人の定年が間際となり、ご子息も独立してご自身でお家を買われたとのことで、現在住んでいる住宅を手放すことにしたそうです。その売却益が多少でも出れば、次の住み替えもスムーズにいけるね、ということで…。

この住宅の売却について、奥様には結構な心労があったようでした。

当時お住まいになっていたお家は同じ都下のもう少し都心よりにあり、丁寧にお使いになっていたようで非常にきれいでしたが、それでもやはり築年数がある程度いっていますね…と売却に関わった不動産会社さんがおっしゃっていたそうです。

最初は、おつきあいのある地元の不動産会社さんにお願いしたそうなんですね。

地元の、といっても地域に密着したある程度の店舗数のある会社さんですよ。あまりネットで色々比較するなど考えもせず、おつきあいのあるところで…とお考えになる方は多いものです。特にご年配の方は。そうですよね、どこの誰ともわからない方に、いきなり大切なお家のことをお任せする気になれない、それも理解できます。

実際に売却の実務はご主人がされたそうなのですが、長年住み慣れた家を値踏みされるようで…と奥様はおっしゃっていました。

ご自宅を売却される方の心理的な負担といえば、やはりこの部分でしょうね。

実際のところ、内見にお客さんがいらっしゃるといえば、家の中を片付けてスリッパを揃え生活感のあるものはしまいこんで…そういった面はすべて奥様のお仕事

大慌てでしまい込んだものが入った収納の内部を「見たい」と言われ、ご主人が何も考えず開けてしまい恥をかいたことも…。水回りなんかは売却価格に直結しますので、非常に気を使ったとおっしゃっていましたね。

それでも、内見をご希望するお客さんが何組も付けばいいのですが、その地元の不動産会社さんではあまり客付けがうまくいかなかったそうで…。事情があるわけではないですし急ぐわけではありませんが、売却を決めてから何か月も経ってしまい、ご主人もだんだんジリジリしてきてしまったようなのです。

奥様としても、ご近所やおつきあいの手前もあり早くお決めになりたかったようで…

そこで、ご主人が不動産以外の資産についておつきあいをしていたMUFGグループの、三菱UFJ不動産販売に白羽の矢がたったようです。奥様は「最初からこうしていればよかった」とはっきりおっしゃいましたよ。

担当を紹介してもらったところ、すぐに訪問してくれて面談となりました。

売却額の査定も非常にスムーズで、正直言うと少し安いかな…という気持ちがしたと奥様はおっしゃっていたのですが、物件の適正な売却価格について、築年数だけでなく周辺相場の下落や設備の劣化など、詳細な説明を受けて結局納得したということでした。

ご主人はてきぱきしたその営業マンに好感を抱き、すぐ媒介契約に進んだということです。ご主人はお仕事も大変忙しく、何事においてもスムーズにテキパキと進むことを希望されていました。挨拶とかたびたびの面談は、正直不要と思っていたようなんですね。

奥様のほうはといいますと、最初は、「冷たい営業マンだなあ」と感じたようなのですが、じきに気にならなくなりました。

それどころか、「家」という思い出や感情と直結するものを売るときには、多少実務的なくらいのほうが気がラクだとお思いになったようですよ。これは、人それぞれかもしれませんが…。

三菱UFJ不動産販売の営業さんは、内見希望者もすぐに数組連れてきてくれました。

印象的だったのは、「ちょっと見てみようかな」みたいなお客さんがいなかったことです、と奥様はおっしゃいます。おそらく、三菱UFJ不動産販売の営業さんが、面談でよくご希望の聞き取りと懐事情を見ていらっしゃるのでしょう。

買う気がない、買うことができないお客さんに物件の内見をしてもらうことは、売却側にとってあまりプラスになりません(購入する側にとっては、勉強になりますしプラスかもしれませんが…)。

時間もムダですし、気も使うものですからね。そういった内見者の方がほとんどいなかったのは、三菱UFJ不動産販売さんも時間を節約できますし、売却側にとってもありがたいことなんじゃないでしょうか。

また、内見前にはさりげなく「よく見られるであろうポイント」を教えてくれたり、また内見中のお客さんによく付き添って、勝手に物入を開けさせないなどの気配りをしてくださったのが嬉しかったということでした。

この部分に関しては三菱UFJ不動産販売さんが特別なわけではなく、私からすると当たり前のように感じるのですが…そういったことをしていない不動産屋さんもいらっしゃるんですねえ。

さて、数組の内見を経て、あっさりと売却が決まりました。ここから売却価格の交渉などがあり、その点については奥様は詳しくはお知りにならないようなのですが、極めて事務的に物事が進み、あっという間に売却が完了してしまったそうです。

本当に、こんなにスムーズに色々進むの?というほどに。おつきあいする会社によって、こんなに物事の進みが違うんだ…と奥様はびっくりしたそうですよ。

結局、三菱UFJ不動産販売さんで新居を買うことはせずに、私の勤めておりました不動産会社で物件の購入をすることになったのですが、奥様は、物件の売却という部分について、三菱UFJ不動産販売との取引は非常に満足だったとおっしゃっていましたよ。

やはり、住み替えというのは勇気の要ることなわけで、ダラダラ時間がかかるよりひと思いにやってしまって、新居での生活をスタートさせてしまったほうがスッキリするものなんでしょうね。奥様はガーデニングがご趣味なのですが、いつお引越しがあるかわからない状態では植物の栽培なんてやっていられないですものね。

今は、私がお手伝いさせていただいた、少し広めのバルコニーがついた小ぎれいなマンションで、ハーブやバラのプランターガーデンを丹精されています。

何度も三菱UFJ不動産販売さんの営業さんは有能だというお話をさせていただきましたが、私が有能だなあと思うのは、こういったところですね。時間をかけるべきでないところに対し、決断する材料を持ってズバっと決めていく。決断を迫ってくる。

ひとによっては主導権が無いようでイヤだと感じるようですが、ご自身で決めるのが難しい場合には頼ってしまってもいいのかもしれません。スピーディーに進めてくれますよ。

「三菱UFJ不動産販売」は、こんなあなたにおすすめ!

  • 程度のよい中古住宅を、スピーディーに購入したい方
  • 物事をテキパキ進めたい方。家は欲しいけど、あまりそこに時間がさけない方

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-不動産会社の評判・口コミ

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.