マイホーム購入準備

新築建売住宅のメリットとデメリットを確認したい方いますか?

投稿日:


「マイホームを買いたいけど、建売住宅か注文住宅かで迷っている」という方も多いのではないでしょうか。

高額な買い物ですし、建売住宅・注文住宅どちらにも良さがあるため迷ってしまいますよね。

ここでは、すぐに住めるなどの特徴がある建売住宅のメリット・デメリットについて紹介していきます。

この記事でわかること

  • 建売住宅を買うメリット・デメリット
  • 資金計画のコツ
  • 工事プランの変更可能域

メリット①:購入前に実物を見学できる

庭付き一戸建て
建売住宅のメリットの1つが、実物を見学したうえで購入判断できることです。

0から家づくりをしていく注文住宅の場合、完成するまで実物をチェックすることはできません。

CGの完成予想図などを見て完成後をイメージする必要があります。

そのため、完成後に「思っていたものと違った」となることも少なくありません。

しかし建売住宅であれば、既に家が完成しているため、リビング・ダイニングや子ども部屋の広さ、フローリングや建具の質感、日当たりや風通し、収納スペースの広さやキッチンの使い勝手など、すべて確認したうえで購入することができます。

実物を見たうえで購入判断できるため、買った後に「思っていたものと違った」と後悔する可能性は少ないです。

何千万円もする高価な買い物だからこそ、実物を見て判断したい方に建売住宅はおすすめです。

メリット②:すぐに入居できる

引っ越しのトラックと段ボール
建売住宅であれば、購入後すぐに入居ができるのもメリットです。

もし、注文住宅を建てる場合、家づくりを始めて完成するまでに1年以上かかることもあります。

つまり、今契約をしても、実際に入居できるのは1年先の可能性もあるということです。

「ゆっくりと家づくりができることが楽しみ!」という方にはいいですが、「早く入居したい」「そんな期間待っていられない」という方にとっては、なかなか苦しい期間になります。

特に、子どもの入学に間に合わせたい、早く引っ越しをしないと仕事に影響が出る、今の家を離れないといけないなどの理由がある方は、非常にストレスを感じることでしょう。

建売住宅であれば既に家が完成しているため、購入後、即入居が可能です。

契約締結、内覧、決済・引き渡しなどをスムーズに行えば、契約後1週間〜2週間で新居生活を始めることもできます。

急いで新居生活を始めたい方にとって、即入居できることは大きなメリットです。

メリット③:価格が安い

木の上を5羽の鳥が飛んでる
一般的に、建売住宅の方が注文住宅よりも価格は安いです。

注文住宅は、建物に合わせた材料を仕入れますし、特殊な材料・設備が必要となるケースもあります。

そのため、建築コストは高くなりがちです。

また、注文住宅の場合は設計料もかかります。

設計料の相場は工事費用の3%〜5%程度であり、仮に工事費用が2,500万円であれば75万円〜125万円です。

建築コストの高さや設計料もあって、注文住宅の価格は高いことが多いです。

建売住宅は、同じエリアに何棟も建てるため、建築材料や設備を一括仕入れすることでコストを削減しています。

注文住宅のように設計料もかからないため、お手頃な価格で家を買うことが可能です。

価格が安いため、毎月の住宅ローン返済を抑えることができますし、年収が少なくてもローンを組むことができます。

価格が安いのも建売住宅のメリットです。

メリット④:見積もりや資金計画が明確

見積書と電卓
建売住宅のメリットの1つが、資金計画が明確になりやすいことです。

建売住宅は、購入時に土地価格+建物価格が決まっています。

何かオプションを付けたり、仕様を変更する場合は別途費用がかかりますが、そのような必要がなければ価格はそのままです。

建売住宅であれば購入前の時点で、実物の様子とかかる費用がハッキリしているので、明確な資金計画を立てることができます。

注文住宅の場合は、打ち合わせの段階である程度の金額はわかっていますが、追加工事などが発生して費用が増えることがあります。

そのため、資金計画を立てていても計画通り進まない可能性がありますし、「2,400万円〜2,800万円ぐらいになるかも」など、曖昧な場合もあるため、明確な資金計画を立てることが難しいです。

女性としては先々いくらかかるのかハッキリしていないのは不安ですよね。

明確であれば準備がしやすいですし、焦らなくて済みます。

メリット⑤:立地が良い可能性

家が3件並んでいる
建売住宅であれば立地が良い可能性があります。

なぜなら、不動産会社が立地の良い土地を一気に仕入れ、そこで多くの建売住宅を販売するためです。

不動産会社は、立地が良く売れやすい土地の仕入れに力を入れます。

広大な土地を一気に購入して多くの建売住宅を販売すれば、1軒1軒のコストを安く抑えることが可能です。

これにより、購入者は安い価格で立地の良い場所にマイホームを持つことができます。

注文住宅の場合、立地が良い土地を個人で購入すると価格が高いですし、需要があるため取り合いになります。

よほどの経済力がないと立地が良い場所に家を構えることは難しいものです。

建売住宅であれば、価格が安いうえに立地が良い可能性がある点が魅力です。

デメリット①:建売戸建て住宅は希望の間取り・仕様とは限らない

間取り図面
建売住宅のデメリットの1つが、間取りや仕様、デザインなどが好みと違い、妥協が必要になる可能性がある点です。

注文住宅の場合は、自分たちの要望やライフスタイルに合わせた間取り・仕様で家づくりができます。

予算はかかりますが、家族の要望をすべて反映させることも可能です。

しかし、建売住宅の場合は既に建物が完成しています。

不動産会社が決めた間取り・仕様となっているため、100%条件に合った物件を見つけるのは困難です。

「フローリングは落ち着いた色がよかった」
「もっと玄関は広い方がよかった」
「各部屋はもう少し狭くてもいいのでリビングを広くしたかった」
「吹き抜けにしたかった」

など、条件と合わない部分がいくつも出てくる可能性があります。

建売住宅を購入する際は、いくつかの妥協が必要になってきます。

妥協をしたくない場合は、注文住宅がおすすめです。

デメリット②:購入時の品質チェックが難しく、口コミだより

作業服とヘルメット姿の人と建築現場
注文住宅の場合は、0から家づくりをするため、工事の過程を確認することができます。

そのため、専門家と一緒に「手抜きがないか」品質をチェックすることも可能です。

建売住宅になると、既に家が完成しているため、「基礎がしっかりとつくられているか」「断熱材は適切に入っているか」「設計図通りのつくりになっているか」など確認することができません。

高額な買い物だけに、品質チェックが難しいことはデメリットです。

そのため、信頼できる不動産会社から買うことが大切になります。

デメリット③:設備を追加する場合のコストが高い

キッチン
建売住宅のデメリットの1つが、設備の追加や仕様変更をする場合のコストが高いことです。

既に家が完成しているため、設備の追加や仕様変更をすると、既存設備の取り外しや、床や壁を取り壊す必要が出てきます。

設置だけでなく、取り壊しのコストがかかる分、費用は高くなります。

注文住宅であれば、これから家づくりをするため取り壊しの作業は必要ありません。

建売住宅で設備追加や仕様変更をする場合は、事前に費用を確認し、予算上問題がないか冷静に判断するようにしましょう。

新居ということもあり、「キッチンに食洗機を付けてほしい」「床暖房があった方がいい」「壁紙を可愛らしい雰囲気のものに変更してほしい」など、多くの要望が出がちです。

場合によっては、注文住宅で建てた方が安くつくかもしれません。

また、予算をオーバーする可能性もあります。

いろいろな要望やこだわりがあるとは思いますが、建売住宅で反映をすると高くつく可能性があるため、財布と相談したうえで決めてください。

入居してからリフォームをするときに、希望の設備・仕様にしてもいいのではないでしょうか。

デメリット④:周辺物件と同じような外観

同じデザインの家が3件並んでいる
建売住宅は、建築コストを下げたり販売効率を上げるため、1つのエリアでたくさんの物件が販売されます。

同じ不動産会社がデザインや仕様、間取りを決めて建設しているため、外観や内装はほとんど同じです。

そのため、次の項目などの想いが強い方は、建売住宅に抵抗を感じる可能性があります。

  • 人に決められたくない
  • 個性的なデザインにしたい
  • 周りと同じような見た目は嫌だ

どうしても周辺と同じような外観や内装となる点は、建売住宅のデメリットです。

このようなメリット・デメリットが建売住宅にはありますので、しっかりと把握をして判断するようにしてください。

建売住宅の工事開始前に、プラン変更はどこまでできる?

平面図
建売住宅は、既に完成している状態で販売することもあれば、建物がなく更地の状態で販売する場合もあります。

建物が完成している状態であれば、基本的に設備の追加や仕様変更は難しく、できたとしても通常よりコストがかさんでしまいます。

しかし、まだ建物がなく更地の状態であればプラン変更が可能です。

4LDKを1LDKにするなど大幅な変更は難しいですが、床材を変えたり、キッチンや玄関ドアを選ぶなどの変更はできる可能性があります。

ただし、元々使用する予定だったものからグレードの高いものに変更する場合は、差額分の費用負担は必要です。

工事開始前といっても、建売住宅は注文住宅ほど要望を反映できません。

標準の間取りや仕様からどこまで変更ができるか、どのような変更はお金がかかるのか、業者によって異なりますので事前に確認するようにしましょう。

建売住宅の設備は、なんでも標準装備ではない。相場より安い物件は設備に注意

ウォシュレット付きのトイレ

「標準装備」と聞くと、いろいろな設備・仕様をイメージするかもしれませんが、なんでも付いているわけではありません。

不動産会社によって異なりますが、以下の設備が標準で付いている場合もあれば、オプションになっているケースもあります。

  • 食洗機
  • 床暖房
  • 浴室乾燥機
  • 床下収納
  • 浄水器
  • 吊戸棚

 など

オプションの場合は当然料金が発生します。

モデルハウスは大抵オプションが多いものです。

どの部分が標準装備なのか細かくチェックしていないと、結局高くなる可能性があります。

不動産会社によっては、ほとんどの設備がオプションになっていて、あえて販売価格を安く見せている場合もあります。

モデルハウスの豪華さにごまかされず、担当者にどの部分が標準装備・オプションになるのか確認しながら見学をしましょう。

購入前に内覧で確認し、相場より安いかを検討する

住宅のチラシ
新居に入居する前に内覧があります。

内覧は「やっぱり新居っていいよね〜」「早く住みたいね〜」と、ただ喜びながら終えてしまってはまったく意味がありません。

改めて新居のニオイや雰囲気を確認できることから、気持ちが高ぶってしまうことはわかります。

しかし、内覧の目的は物件引き渡し前の竣工検査です。

どこか不具合はないか、傷はないか、汚れはないか、計画と違う点はないかなど、細かくチェックしなければなりません。

もし、不具合や傷、汚れなどがあれば、内覧後に業者が手直しをしてくれます。

もちろん費用はかかりません。

内覧の際に問題点を指摘せず、入居後に発見して業者に伝えたとしても「内覧の際に指摘は受けていません。

引っ越し中に付いたのでは?」と言われることでしょう。

内覧では、物件の問題点を見つけしっかりと業者に指摘をすることが大切です。

そこで指摘しておけば、交渉を行い相場より建売住宅を安く買える可能性も生まれます。

では、実際にどのような点をチェックすればいいのか、内覧で注意して確認したい主なポイントについて紹介していきます。

フローリングや畳に汚れや傷がないか、実際に隅々まで歩き軋み音やたわみがないかチェックします。建売住宅の場合は多くの人が見学するため、汚れや傷が付いている可能性があります。

クロスに汚れや傷が付いていないか、浮いている部分、端で足りない部分はないかチェックします。床同様、多くの人が見学するなかで、クロスに汚れや傷が付いている可能性もあります。

建具

ドアや窓など建具が問題なく開閉できるのか、汚れや傷がないか、開く向きはあっているかチェックしましょう。ドアストッパーがきちんと機能するか、オプション仕様の場合は希望のデザインになっているかも確認します。

浴室

浴室では実際に水を出して確認します。しっかりと水は出るか、水漏れはないか、窓や浴室乾燥機、追い焚き機能などは機能するか、浴槽や鏡に傷や汚れがないかなどチェックをします。

洗面台

水は出るか、栓が機能するか、鏡や収納スペースに汚れや傷はないか、収納扉はスムーズに開閉するかチェックします。

キッチン

収納スペースや天板に汚れや傷がないか、扉はスムーズに開閉するか、水は出るか、排水管から水漏れはないかなどチェックをします。

コンセント

コンセントの種類や数をチェックします。

外壁

外壁にひび割れや傷、汚れが付いていないかチェックをします。雨が降っていても外に出てしっかりと確認をします。

基礎

基礎にもひび割れや傷がないかチェックをします。

外構

カーポートや門扉、塀に不具合がないかチェックをします。

内覧では、このようなポイントをしっかりとチェックし、不具合等があれば業者に指摘、自身でも写真を撮っておきましょう。

内覧で指摘した点は、業者の手直しが終了後、再度確認をします。

内覧でしっかりと汚れや傷、不具合を見つけ手直しをしてもらうことで気持ち良く新居生活をスタートすることができます。

ただし、引っ越しや入居後に付けた汚れや傷等を直す際は有料になるため気をつけてくださいね。あくまでも前に確認し、指摘することで安く買える可能性が出てくるのです。

元営業レディの体験談

建売住宅の場合最大のメリットは、コストパフォーマンスが良いという点です。

また購入した後に思っていた家と違うということがないので、違和感なく生活ができるでしょう。

ただ住宅を購入した後に、やっぱりあれがよかったこれもつければよかったと、おっしゃるお客様がいるのも事実です。

それだけに私はまず自分が家に求めるものを、最初に書き出してみてください。

そして建売住宅はその何割を叶えてくれるのか、足りないものをつけるために、どれぐらい費用かかるのか私から伝えさせてくださいと、言うようにしています。

そうなると理想の住宅を求めるタイプの方は建売住宅を避けられますし、立地やコストパフォーマンスにこだわる方、住宅の設備などをそれほど気にされない方は、建売住宅を購入されるケースが多いようです。

建売住宅を購入して違和感を覚えることが多いのは、完成後に同じようなデザインの家がずらっと並んでいる自宅付近を見た時のようです。

購入後に、「他の人と違うデザインの家にしたかったなあ」という声を私も聞いたことがあります。

デザインに妥協できるかどうか、その点をご夫婦でよく相談して購入していただきたいと思います。

もちろん建売住宅自体は大変に良いものが多いです。

最近は素材の質も上がってますし設備も基本セットの中に必要なものはほとんど含まれています。

最終的には新築で買うか中古で買うか、建売住宅を買うか注文住宅にするか、戸建てにするかマンションにするか、という住宅の好みは個人の好みが全てものを言います。

好みと割り切れば自ずと答えは見えてくるのではないでしょうか。

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-マイホーム購入準備

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.