不動産会社の評判・口コミ

京急不動産の評判や口コミ

更新日:

京急不動産株式会社は、東京都に本社を置く京急グループの不動産会社です。設立は1958年、昭和33年。実に戦争以前から続く、歴史ある不動産会社となります。さらに現在、創立60年イヤーを超え、ますますの発展を誓う会社です。

 

念のため、京急電鉄(京浜急行電鉄)についておさらいしておくと、本社のある泉岳寺が所在している東京都港区から品川区、大田区、神奈川県川崎市、横浜市を通り、さらに三浦半島へ至る鉄道路線を運営しています。メインの駅としては、やはり横浜・品川駅でしょうか。たとえそちら方面にご用のない方でも、羽田空港に行くときに乗ることがあるあの電車…と考えれば身近になってくるかもしれませんね。あの、発車するときに不思議な段階音を出すえんじ色の電車です。あれ、ドレミファインバーターと呼ばれているそうですよ。

 

すみません、話が横道に逸れましたが、京急電鉄の歴史といえば京急不動産よりはるかに歴史は長く、なんと1897年、明治時代から続いている鉄道線なんですよ。

 

さて、その京急グループの一角をなす京急不動産なのですが、電鉄系不動産らしくいくつもの強みを持っています。次は、京急不動産の強みやメリットを詳しく見ていきたいと思います。

 

京急不動産の強み、メリット

やはり地域に密着した営業ぶりが目立つ会社です。最初に店舗の所在を見ておきたいと思います。

 

まず外せないのは、品川駅でしょう。そこから、大森、蒲田に3店舗。川崎駅。その後は沿線利用者以外はなじみがないかもしれませんが、弘明寺、能見台、神尾丘、上永谷、金沢文庫、久里浜などが続きます。都内(品川)から出発したとして、川崎以降はかなり一足飛びに横浜以降まで行ってしまうんですね。

というのも、元々京急不動産の沿線開発は、すでにある街の「振興」のために行われている…といった面があるんですね。

京急の沿線は、何もない野原や田んぼだったところに突然駅が、というタイプではなく、元々何かしらの街や観光名所などがあるエリアなんですね、横浜の近くの隣駅あたりなんか、古くからの歓楽街ですもんね。それらの場所の「振興」のために宅地開発をしていたという背景があります。何もない野原にニュータウンをぶち上げるといった発想ではない、というと、若干乱暴かもしれませんが、近い部分もあるかもしれません。

沿線のどこにでも店舗を構えるというような展開をしなくていい理由は、このへんにあるのだと思います。そして、店舗のある駅は沿線をご存知の方なら「なるほど。」という駅ばかりなのですね。

 

さてさて、京急不動産の強みとして、京急自身が5つのポイントを挙げています。

 

沿線屈指、24712戸もの住まいを供給。

1000万㎡2という巨大なニュータウン開発をはじめた食い、戸建て住宅、マンション、別荘地など、多彩な住居や街づくりを手がけており、多くのお客様からの信頼とノウハウを培ってきました。指、24712戸もの住まいを供給。

1000万㎡2という巨大なニュータウン開発をはじめた食い、戸建て住宅、マンション、別荘地など、多彩な住居や街づくりを手がけており、多くのお客様からの信頼とノウハウを培ってきました。

 

総合不動産企業のメリットを生かした一貫体制。

わずらわしさもなく安心、そんなワンストップ・サービスを提供いたします。総合不動産企業のメリットを生かし、土地、戸建て、マンションなどの分譲や売買仲介、賃貸・管理、リフォームを一貫した体制で提供することができます。地元密着型の不動産企業として、店舗ネットワークも充実させており、品川から久里浜まで10店舗、京急沿線および周辺の主要エリアをカバー。

店舗を結ぶ情報ネットワークを生かし、あらゆるニーズにお応えすることができます。

 

やはり総合不動産企業というのは、ここが強いのです。

造園やエクステリアなんかは特に、不動産業しかやっていない会社だとお手上げで他社さんにご自分でお願いしていただいて…なんてことがよくありますね。こういった部分で業者さんを紹介してもらえるだけでも、ずいぶん気が楽になるのは間違いないと思いますね。

 

グループ全体のスケールメリット

不動産サービスにとって、ネットワークのスケールも大きなメリット。お客様の要望に幅広い対応できるばかりではなく、不動産売買において私たちは、京急グループの一因としてグループのネットワークをフルに活用することできます。グループ社員をはじめ、多数の顧客を含むOB会、さらに大手有力企業110社との提携など、膨大なネットワークを擁しており、スケールメリットを生かしたサービスを提供することができます。

 

これは確かに、言えると思います。でも実際どれくらいのスケールメリットを活用できるかというと、担当してくれる営業さんの知識やネットワークにかなり左右されると思いますが…。やはり優秀な方は方々にネットワークを張り巡らしていますし、優秀ではない方は言われたことしかできないものです。

でも、色々なアンテナを張り得るということでは、京急グループのスケールメリットは間違いなくありますね。

 

資格を持ったプロによる質の高いサービス。

私たちは満足度の高いサービスをご提供できるよう、資格を持ったスタッフや営業経験が豊富なスタッフをそろえています。宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、建築士など不動産のスペシャリストたちがお客様のご要望や問題の解決にお応えします。

さらに弁護士、税理士、司法書士、建築士といった法律や税務などのプロたちとのネットワークも充実、複雑な案件でもサポートします。

また、不動産流通経営協会(FRK)、不動産協会、大手私鉄不動産仲介会社で形成する「ネットワーク5」にも加盟しており、コンプライアンスの徹底にも努めています。

 

家一軒買うにも、法律の問題は必ず立ちはだかるものです。何も問題なく住む住宅購入はそんなにないものである、と不動産仲介のお仕事をしていると実感しますね。

そんなとき、気軽に法律的な相談をできる環境にある取引はラッキーです。大概、営業マンの言いなりで色々なことが進んでいってしまいますので…

京急不動産はさらに弁護士、税理士、司法書士、建築士といった法律や税務などのプロたちとのネットワークも充実、複雑な案件でもサポートします。とのことなので、疑問に思うことがあれば、実名付きでプロの回答を求めてもいいかもしれませんね。京急さんの営業がそうとは言いませんが、営業マンは結構あいまいな知識で断定的なことを言いますから…

 

お客さまが安心してお取引いただけるためのサポートサービス

当社は、成約したお客様を大事にすることで、お客様からのご紹介も多くいただけるような会社であることを目指すため、サポートサービスを充実させております。スムーズなお住み替えのための「買取保証制度」、安心の「仮測量」「地盤調査」「設備保証」サービス、優遇金利やオーナー様の家賃保証制度のご提供のほかに、成約後も24時間対応の「住まいのトラブル解決帯」「住宅瑕疵保証」やリフォームプランの」「まるで新築くん」等、様々なメニューを提供しております。

 

これは、よくわかります。実は不動産のお仕事って、かなりの部分がリピートとかご紹介でできているんですね。逆に、そういうお客さんを掴んでいれば、営業マンとしては結構勝てると言いますか…

私鉄系で沿線からそう営業範囲を伸ばさない不動産会社としては、ここは本当に大切にしなければならない部分なのでしょう。つまり、あまりヘタな営業は打たないと考えていいと思います。電鉄系不動産会社は、評判というものを本当に気にします。

 

いかがでしょう。京急不動産の5つの強みで、京急不動産の方針がおわかりいただけたかと思います。

 

そもそも、「京急」ブランドというものを、京急不動産はどう考えているのでしょう。

2000年代からのPRIMEというマンションブランドが、自社の考える沿線価値を物語っています。

 

PRIME、それは、「自然豊かな美しい三浦半島と都心、そして羽田空港を結ぶ京急グループが贈る住まいは、お客様にとっての特等席でありたい」という不動産事業への想いです。

自然が生み出す情景には、ひとつとして同じ表情はありません。

でも、その魅力を堪能できる特等席は必ず存在します。PRIMEという住宅もそんな生活舞台であってほしい。

世界にたったひとつ。人生という旅を謳歌する特別な場所。世界の特等席。それが、プライムブランドです。

 

PRIMEというブランドは、家という安住するハコというよりも、人生の特等席を指向しているという考えなのですね。実に、鉄道会社らしい考え方と言えますね。

分譲済物件を眺めても、やはり横浜・神奈川という立地をプライドとして、そこに住まうということに喜びを感じる、そのお手伝いをしているというコンセプトが多いようです。横浜ブランドの強さには、まったく驚かされます。

 

インターネット検索の使い心地…実際検索してみました

京急不動産の物件検索サイトは、「keikyu-sumai.com」というサイトとなります。PRODUCED BY 京急不動産、というわけですね。

こちらのサイトから物件を探していくのですが、カラフルで見やすいサイト構成が目を引きます。なかなか力が入っているようですね!沿線の魅力を懸命に伝えようと、海などが入った写真が多用されており、好感がもてます。そうですね、「ベイエリア」というと都心のほうばかり考えがちですが、京急不動産の強みのあるエリアはまさしく海の近く。海好きな方にはとてもアピールする立地でもあります。

 

さて、「物件を買いたい方」というタブから、検索をしていきます。

その中には「新築分譲マンション」「新築分譲戸建て・宅地」「新築一戸建て」「中古マンション」「中古一戸建て」「土地」「収益・事業用物件」「住んでみたい街カタログ」「マンションライブラリー」「オープンハウス情報」「ローンシミュレーター」「年収から探す」「毎月の返済額から探す」…と、これでもかというほどの検索メニューが。このすべての情報に京急沿線ならナンバーワンの情報量、すごいことですよね!

どの選択肢をクリックしても、ドドンと京急および周辺路線の路線図が出てきて、希望する駅を選択してから物件検索に入っていきます。どの駅にどれくらい物件があるのかはクリックしないとわからないので、ホントに駅狙い撃ちでお探しの方向けのサービスと言えるでしょう。

物件写真は少なめ。やはりネットで探すというより、店舗・対面営業重視と言えると思います。、

新築分譲については、現在分譲中の物件がズラリと出ます。このエリアは、まだまだ戸建て分譲がたくさんあります!このエリアでお探しの方は、ぜひ一度見てみてくださいね。

 

京急不動産の得意ジャンル・エリア

  • 京急沿線の中では、随一の物件数を誇ります。
  • 京急の中であれば、戸建て・マンション分譲、新築・中古、なんでもござれ!

 

京急不動産の口コミと私の印象

京急さんは、数多くある電鉄系不動産会社の中でも、特に地元特化を意識している会社のように思います。

しぼった店舗数も、そこに立地すれば沿線の人々からしたら便利であろう…という計算のもとでしょう。実際、京急さんのお仕事ぶりといえば、口コミやご紹介ではじまるものが多いようで、京急さんの地元にいる限りお仕事はそんなに困らないのでは…と思いますね。なので、あまり営業さんからガツガツした雰囲気は感じられません。

その分、沿線内での営業というか、きちんとしています。リピーターや紹介にあずかれるような仕事をしていくことが営業面でももっとも大切になるわけですからね。

 

京急不動産とおつきあいがあった方とお話をする機会がありました。

「うちは線路から逃げられないから、地道にやっていくんですよ」営業さんが、そんな軽口をたたいていたのが印象的だったそうです。

複数の不動産物件を所有している方で、私の勤め先も含め色々な不動産会社とおつきあいをしている方です。いわゆる収益物件を購入している方ですね。

 

京急沿線での物件探しの際、ならばと京急不動産ともお付き合いを始めたところ、その営業さんと出会いました。

当時の京急のそのエリアは、横浜市営地下鉄の延伸の時期や乗り入れをするかしないかなど、沿線の価値がなかなか定まらず、投資先としては難しいエリアだったようです。

京急不動産の営業さんは、「〇〇駅は、〇〇という良いところがあるので、絶対におすすめできます」という営業スタイルだったそうで、実際に住んでいる方でないとわかりにくい部分の評価を重視して営業をされました。

正直収益率や利回りくらいしか見ていなかったその方、熱烈な京急沿線の売り込みにびっくりされたそうなのですが、改めて対象の駅を眺めてみると、たしかに魅力的な駅ではある。思ったよりも若者が多く、一度住み始めるとなかなか住人が出ていかない落ち着きもある…

結局その方は、思ってもみなかたような物件を購入されました。

京急沿線ではなかったので、京急不動産の営業さんとのおつきあいはそこで終わってしまったそうなのですが、その方曰く、あれこれ手を出さずに「京急の路線の中だけ」で丁寧に

物件を探していく、通り一遍ではない物件の良さを紹介していくという、その営業マンのやり方はとても勉強になったということでした。単純な利回りだけでなく、街の魅力で物件を決めることができたのは、彼のおかげだと。街の魅力を語れる営業マンは、確かにとても貴重です。

 

「うちは線路から逃げられないから、地道にやっていくんですよ」。この皮肉めいた一言が、実は京急不動産の強みとなっています。

 

京急不動産は、こんなあなたにおすすめ

  • とにかく物件を買うなら京急線で!と考えている方!

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-不動産会社の評判・口コミ

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.