不動産会社の評判・口コミ

株式会社カチタスの評判や口コミ

更新日:

家に価値を「足す」でカチタスです。なんとわかりやすい…

創業1978年、全国100店舗以上で累計4万戸以上の買い取り・販売実績のあるカチタスが、お客様の住宅売却を全面的にサポート! また、中古住宅の目利きならではのリフォーム企画力でリノベーションした清潔・快適な物件をリーズナブルな価格で提供します。

ということで、リフォーム住宅の再販専門会社という少し変わり種のカチタスです。

仲介ではなく、販売をしている会社ですね。当然仲介手数料ではなく、買取代金にもうけをのっけて売っているわけなのですが、たしかに、古家にリフォームを施し価値を高めているなあとうなづけます。近年の「住宅ストック」という考え方ともぴったりですが、結構古くからこの事業をされていて素晴らしいですね。

おうち買い取り全国NO.1」の表記が光るサイトです。中古住宅買取再販戸数ランキング2015(リフォーム産業新聞調べ)ということですが、なんでもNO1はすごいことです。おそらく、カチタスならではのノウハウがあるのだと思います。

そのあたり、少しずつ深掘りしていけたら…と思いますので、どうぞご覧くださいね。

 

カチタスの特徴とメリット

「中古住宅買取ならカチタス」というキャッチコピーがついています。まずは、売却不動産を探すほうに(いわば、仕入れですね)力を入れているようですが、住宅購入希望者からすると、どうでしょう?

 

カチタスは、1978年(昭和53年)石材業として創業。1988年(昭和63年)に宅地建物取引業の免許を取得し不動産業に進出。現在は中古住宅を仕入れリノベーションしたのち「再生住宅」として販売する中古住宅再生事業としている。

 

ということで、元は石屋さんだったんですね!不動産会社は、元の事業は〇〇だった…!というのが多い仕事ですが、石屋さんははじめてな気がします。

本社は群馬県桐生市。東京本部が中央区新川にありますね。

 

単に中古の住宅の売買の仲介をするだけでなく、より責任とリスクの重い買い取り及びリフォームを手掛けているわけです。いわば、家のリサイクルですね。

手の届く価格の、「安心・清潔・実用的」な住宅を広く販売する、を会社の使命とし、カチタスは今日も営業しています。店舗は全国に100以上あるそうで、東証一部上場企業ですし、ずいぶん大きな会社です。まずは信頼に足ると考えていいと思います。

 

現在はマンション、戸建てともに新築ラッシュですが、いずれ日本は良質な住宅を手入れ・リフォームしながら長く住み続けていく中古住宅中心のマーケットに変わっていくはず。空き家問題の解決など、行政が力を入れている社会課題にも、答えが出せる会社です。そのときトップランナーとして走っているのは、カチタスかもしれませんね。

 

さて、カチタスはオンボロな家や事故物件、家財が残っているような家でも買い取って現金化してくれるところが特徴です。これは、売却する側にとってのメリットですね。

住宅購入を検討している側からすると、どうでしょう?

上記のような、一見「住みたくないな…」という家であっても、リフォームして格安に販売してくれるという会社。ポイントは、「どこまでリフォームをしているか?」そこに尽きると思います。その程度により、割安なのか割高なのか判断がついてくるかと…

 

カチタスは、専用のリフォームの会社があるわけでも、グループ内にリフォームが得意な工務店がいるわけでもありません。プランをたてたら、後は地元の工務店さんにお願いする…これが基本です。

どう考えても目立つ「外壁塗装」や水回り、床・壁紙のリフォームは当然行いますが、実は住むととっても気になる「断熱」などの機能はどうでしょう?

 

カチタスが買い取る家は、基本的に築年数で30年を超えてくるような家が多いです。

「安心」をキーワードにしている通り、耐震基準は現在のものを満たせるようにリフォームを施していますが、もう一点、暑さ・寒さはどうでしょう。室内にいたら暑さ・寒さで死ぬようなことはありませんが、やはり家の中でもとっても寒い!っていうのは、あまりいただけませんよね。光熱費もバカになりません。

 

この30年の間に住宅の「断熱」「気密性」は飛躍的に伸びました。そういった恩恵をきちんと受けられるリフォームを施しているか?この部分については、購入した後に嘆いてもどうしようもありませんので、嘆くようなことがないよう、キチンとチェックする必要があると思います。

そんな中、カチタスのリフォームはよく考えられたものです。古家の断熱がお寒いものであることは百も承知でしょうから、最低限のことはしてあると考えられます。もし、それ以上のものを望むのであれば…やはり、築が古い家だとできることの限界があるので、どの程度の年月住むのか資金と相談しながら、物件を探していくことを検討していったほうがいいかもしれません。

カチタスで家を買うときによく考えるべきはここですね。たとえば購入段階で築40年などの家ですと、もう40年住むことができるか?と、考えるべきです。リフォームをかさねても家の基礎の部分はやはり傷んでいくものなので…。今は大丈夫でも見逃せないような傷みはないか、シロアリなどの害はないか?ここは営業マンによく確認しましょう。シロアリについては、売り出し前に検査をし、検査証を見せてくれるようです。カチタスが売主の物件になりますので住宅保証は当然ついてくるわけですが、家は高い買い物です。40年後まで想像できる家なのかがポイントになります

 

インターネット検索の使い心地…実際検索してみました

カチタスの住宅検索メニューを見ていきます。「おうちを買いたい」というメニューから検索していきます。

 

全国の地図が出てくるのが珍しくも心強いですね。

とはいえ地方物件数は、そんなに無いだろうと思いきや…すごいですよ、佐賀で29件、秋田で52件、鳥取で16件、静岡49件。東京は逆に10件しかありません。立地も八王子や昭島などの都下が多いです。考えてみると、土地を入れても1000万~3000万で中古の住宅が手に入るエリアでしかカチタスは勝負していないわけです。そう考えると、営業の中心が地方や都下エリアになるのもうなずけますね。

 

それにしても、なんとリフォーム中の物件の多いことでしょう!リフォーム中の物件が多い=これから完成するものがたくさんあるということですし、リフォーム済の物件はすでに売れてしまっている、ということだと思います。商売が順調なのですね。でも、そうだと思います。確かに格安なんです!先ほども申し上げましたが、10003000万円程度でどのお家を買うことができます。都内の高級マンションサイトなどを見た後だと、目に優しいです^^

 

そしてとても興味深いことに、物件写真として「リフォーム前」も掲載しているんですね!たとえば狭いバランス釜の浴室写真を掲載して、今後システムバスに取替えます、とコメントがついています。リアル大改造ビフォーアフターです。不動産売買サイトの中でこんなに面白いものが見られるとは…。

ステンレスの「台所」とビニールクロスの「食堂」の写真を見せておいて「壁をとっぱらって、広々としたLDKにしてお引渡しとなります」のコメント…夢が膨らみますよ!

 

詳細ページにはいかにも買いたくなるローン試算金額なども併記されており、「家賃を払うくらいなら…」という気分になること請け合いです。私も実家近くに買いたくなっちゃいました()

 

検索メニューの中で立地検索については、物件があれば…というものなので、沿線検索などはついておりません。市町村別検索のみとなります。ですが、自社リフォーム物件だけでこの数は立派ですねえ。正直びっくりしました。

私の営業していたエリアではあまりお見かけしなかったこと、何より仲介物件などではないのでバッティングもあまりなく、ほとんど存じ上げない不動産会社さんでしたが、非常に面白い営業をされていると思います!

 

カチタスの得意ジャンル・エリア

地方の築古戸建てのリフォームが得意です。土地の安いエリアで格安で戸建てを探している方にはぜひと言えるでしょう。

 

カチタスの口コミ・私の印象

カチタスさんのお仕事があまりにも面白そうなので…個人的に地方に嫁いだ不動産関係の友人に聞いてみました()

そのとき聞いた話しなんですが… 地方では、カチタスさんは本当に熱心に住宅の買い取り活動を行っているそうです。私は存じ上げなかったんですが、何度もテレビにも取り上げられているほどらしく。なんでも、駅から50分以上かかる築40年以上の物件でも買い上げてリフォームするとか!?それってちゃんと売れるんでしょうか…。

 

友人曰く、カチタスさんが買い取りをする物件って、競売物件が結構あるそうです。それでしたら、あの価格の安さもうなづけます。競売物件を安く買ってリフォームする…一般の方でも思いつく節約プランではありますが、めったにされる方はいません。まず、競売物件でいいものに当たることがなかなか難しい。さらに、リフォームも難しいんですね。特に、競売物件は、住宅履歴(というんでしょうか、住宅の仕様とか修繕の履歴とか…)がまるで残っていないことがほとんど。何もかも、現状から手を付けていかないといけません。施工業者さんが明確だったり大手さんだと、ある程度信頼がおけますが、築が古いとそうも言えません。結果、インスペクションをしないと断熱も基礎の頑健性も何もわからないという状態に…。

競売物件は、競り落とすまで立ち入ることすらできません。中古の競売物件が難しいのは、家としての性能がまるでわからない状態でしか買えないからなんですね。

カチタスさんはさすがプロ、立ち入らなくてもある程度のことがわかる…そういうことなんでしょう。競売物件+リフォームで、上手に商売をしていらっしゃいます。

 

でもね…。ここから友人が声をひそめました。

元が競売物件って、ご近所もみんな知ってるでしょう?地方の人のつながりってとても濃いしなかなか薄まらないから、購入した方があまり気分がよくない思いをしてるのを見かけたよ…と。

なんとなく、友人が言っていることがわかります、最近越してきた〇〇さんは競売に出た家を安く買いたたいて…みたいなことをヒソヒソされたってところでしょう。私も地方出身なのでよくわかるんですが、そういう余計なことを言うオバサマっているんですよね!じゃあずっと空き家にしておけってことか!って思っちゃいます。

そういうのはまったく気にする必要はないと思います。元の売主から買ったわけではないのですから、本当にな~んにも関係ありません。カチタスさんから家を買うわけですからね。

単純に家の性能だけ見て購入すればいいと思います。ただ、先ほども述べたように、競売物件だとフタを開けるまでどんな家かわからないことが多いものです。心配いらないとは思いますが、買っちゃった以上無理やり売れるようにした…なやっつけリフォームになっていないか、注意が必要です

友人は、興味本位でカチタスの物件内覧までしたらしく(不動産の仕事を一回すると、色々な家を見るのが趣味になっちゃうのです)、そのときに特にカチタスのリフォームは、水回りや外装など、外から見える最低限に絞っている…という印象を受けたようです。物件写真はきれいなところばかり写すけど、実際内覧すると古いままのところも結構あったよーと。

不動産屋として特に気になるところだと、建具や網戸などまではやっていないことも多々あると聞きました。たとえに出ましたが、網戸なんか…とお思いかと思います。そう、大したものじゃないですよね。でも、何しろ経年でゆがみが出ますし、新しい網戸の製品は網戸自体が軽いんです。毎日開けたり閉めたりしますから、すいーっと動くか動かないかで、かなりストレスが違いますよ。すいーっと動くのが当たり前という生活を送っていた方であれば、クレ556のご用意をおすすめします!…話しがそれましたが、最低限のリフォーム、というのは、そういったところにしわ寄せがきます。そのあたり心して内覧をしたほうがいいんだろうな…と、私は思いましたね。

 

カチタスはこんなあなたにおすすめ!

  • どちらかといえば地方で、使い勝手のいい格安の戸建てをお探しの方。
  • リフォームといっても、おしゃれでオリジナル…というより、とにかく値段が気になるという方。
  • 地域社会に溶け込む自信がある方!

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-不動産会社の評判・口コミ

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.