マイホーム購入準備

住宅購入の費用と相場はいくらかかるの?

更新日:


戸建てやマンションなどマイホームを購入する場合は、さまざまなお金がかかります。

どのような費用がかかるのか知っておかないと、明確な資金計画を立てることができません。お金のことが不透明な状況だと、不安しかないでしょう。

ここでは、マイホームを購入する際にかかる主な費用について紹介しています。多くの費用が物件や業者、金融機関により異なるため、具体的な金額は早めに確認することをおすすめします。

あなたの住宅購入費用の参考にしていただければと思います。

住宅購入時にかかる費用



マイホームを購入する場合にかかる主な費用は以下のとおりです。

申込証拠金

新築マンションなどを購入する場合、申し込みの際に申込証拠金が必要です。購入意思があることを示すためのお金であり、購入時には手付金の一部として充当できます。また、キャンセルする場合は返金されます。新築物件でも申込証拠金が必要ないケースもあります。

手付金

マイホームの売買契約を結ぶ際に支払うお金のことです。万が一、買主側から契約破棄をする場合、手付金は戻ってこないため注意が必要です。もし、売主側の都合で契約破棄となる場合は手付金の2倍の金額が支払われます。

手付金の相場は購入金額の5%〜10%です。購入金額が3,000万円であれば150万円〜300万円と高額なため、早めに準備をしておきましょう。手付金は購入代金の一部として充当されます。

仲介手数料

不動産会社に支払う手数料です。上限は「(売買金額×3%+6万円)+消費税」と定められていますが、実際の金額は業者ごとで異なります。なかには仲介手数料を半額にしている不動産会社もあります。

不動産取得税

マイホーム購入など、不動産を取得する際にかかる税金です。金額は取得する不動産の評価額によって変わります。

登録免許税

登記をする際にかかる税金です。住宅の登録免許税は税率の軽減措置があります。

司法書士報酬

登記手続きを司法書士に依頼する場合にかかる費用です。報酬額の相場は2万円〜3万円です。

印紙税

売買契約書に貼る印紙代のことです。契約金額によって、以下の印紙税がかかります(軽減後)。

  • 契約金額500万円超1,000万円以下:5,000円
  • 契約金額1,000万円超5,000万円以下:1万円
  • 契約金額5,000万円超1億円以下:3万円

固定資産税・都市計画税

固定資産税や都市計画税は1月1日時点の所有者が負担しているため、日割り金額を売主に支払います。固定資産税評価額の1.7%です。

物件の住宅ローン利用時にかかる費用はいくら?



住宅ローンを利用してマイホームを購入する場合は、住宅ローンの諸費用がかかります。

諸費用の主な内容や相場は次のとおりです。

融資手数料

住宅ローンを利用するにあたり、金融機関に支払う手数料のことです。相場は3万円〜5万円となっています。

保証料

保証会社に連帯保証人の役割を担ってもらうための費用です。ローン借入金額と返済期間によって保証料は変わります。金融機関によっては金利に上乗せされています。

火災保険料

万が一に備えた火災保険で、保険会社や物件によって保険料が異なります。相場は15万円〜40万円と高額です。

地震保険料

地震時の被害に備える保険です。保険料は地域や物件によって異なります。相場は1万円〜3万円です。

団体信用生命保険

民間の住宅ローンは団体信用生命保険への加入が必須となっています。万が一、ローン契約者が死亡または高度障害状態になった場合は、保険金でローンが支払われます。

近年、三大疾病や八大疾病、失業などにも対応した団体信用生命保険も登場しています。諸費用として一括支払いをするケースもあれば、金利に上乗せされていることもあります。

住宅ローンを利用する場合は、このような諸費用が発生します。

メガバンク、都市銀行、地方銀行、ネット銀行、信用金庫など、金融機関によっても金額が異なりますので、ローン商品を選ぶ際に諸費用のことも確認しておきましょう。

その他の費用



マイホームを購入する場合は、以下の費用もかかる可能性があります。費用が発生する場合は、早めに予算に組み入れておきましょう。

引っ越し費用

現在の家から新居へ引っ越しをする際にかかります。業者や時期、荷物の量や移動距離で金額が変わるため、早めに調べて予約しておく必要があります。

仮住まい費用

注文住宅を建てる場合などは、仮住まいが必要になる可能性もあります。ウィークリーマンションやアパート、ホテルなど、いずれも安くはありませんので予算の確保が必要です。

家具・家電購入費

マイホームでの生活に合わせて家具・家電を新調する場合は、その費用も予算として考えておく必要があります。

住宅の購入後にかかる費用と相場



「マイホームも購入したし、まとまった出費はなくなった〜」と、安心していてはいけません。マイホーム購入後にかかる費用・税金もあります。

これらを把握しておかないと返済が厳しくなる可能性もあるため、しっかりと確認し、資金計画を立てておいてください。

管理費(マンション)

マンションを購入する場合は、入居後、毎月管理費がかかります。管理費は共用部分の光熱費や清掃費などの維持管理費に使われる費用です。

金額はマンションによって異なりますが、5,000円〜1万5,000円程度かかります。

修繕積立金(マンション)

マンションを購入すると、管理費とは別に修繕積立金も必要になります。修繕積立金は、将来の大規模修繕のために毎月積み立てをしていくお金のことです。こちらの費用もマンションによって異なりますが、5,000円〜1万5,000円程度は見ておいた方がいいでしょう。修繕積立金が足りない場合は、将来的に数万円まで金額が高くなる可能性があります。

駐車場代(マンション)

戸建ての場合は必要ありませんが、マンションであれば駐車場代がかかります。7,000円〜1万円程度は見ておいた方がいいでしょう。マンションによっては2万円程度かかることもあります。車を2台所有している場合は、2台分の駐車場代が必要です。

駐輪場代(マンション)

マンションの場合、駐輪場代も必要です。1台あたり500円〜1,000円程度かかります。

自主的な修繕費・メンテナンス費の積み立て(戸建て)

マンションの場合は、将来的な室外部分の大規模修繕のために毎月お金を貯めていきます(修繕積立金)。戸建ての場合は修繕積立金という費用はありませんが、将来的に屋根や外壁などの修繕が必要になるのはマンションと同じです。

そのため、戸建てに住む場合は自主的に将来の修繕費用を貯めていく必要があります。将来の修繕計画を立て、あとで慌てなくていいように毎月少しずつ積み立てをしていくことが大事です。

リフォーム費用

マンション・戸建てどちらに住む場合も、ゆくゆくは室内のリフォームが必要になります。フローリング、壁紙、畳、建具、キッチン、トイレ、浴室、洗面化粧台など、10年〜20年と使っていれば、汚れや傷みが目立ちます。安心・安全で快適な生活をしていくためには、リフォームが必要です。修繕費同様、あとで慌てないでいいように、少しずつ積み立てをしていくことが大切です。

固定資産税・都市計画税

マイホームを持つと、毎年固定資産税がかかります。また、物件によって都市計画税も課税されます。

固定資産税とは毎年1月1日時点の不動産所有者に対して課税される税金で、不動産のある市町村が徴収します。

一括もしくは分割で納税が可能です。税額は固定資産税評価額によって異なり

課税標準(固定資産税評価額)×1.4%(標準税率)
(税率は自治体によって異なります。固定資産税評価額は3年に1回評価替えがあります)

で求めることができます。

都市計画税は、市街化区域内の不動産所有者に課せられる税金のことです。都市計画事業や土地区画整理事業の費用に充てることを目的としていて、固定資産税とあわせて徴収されます。

都市計画税についても固定資産税評価額によって税額が変わります。

課税標準(固定資産税評価額)×0.3%(制限税率)
で求めることが可能です。

合計で1.7%になります。

住宅ローンの審査に気をつける



マイホームを購入する際、多くの人が住宅ローンを利用します。

しかし、審査に落ちてしまう人も少なくありません。審査に落ちてしまえばローンが利用できないため、マイホームの夢が途絶えてしまいます。

住宅ローンの審査は銀行や信用金庫など金融機関によって基準が異なります。

  • 勤務先
  • 年収
  • 年齢
  • 健康状態
  • 自己資金
  • 希望借入金額
  • 他社の借入金額

など、さまざまな項目を審査します。

光熱費や携帯電話料金、他のローンなど、延滞履歴がないか信用情報も確認されます。仮に、事故履歴がある場合は、ローン審査は通りません。

また、返済負担率が高いと審査に落ちてしまいます。返済負担率とは年収に占める年間返済額の割合のことです。

金融機関にもよりますが、返済負担率が30%〜35%以内でないと審査は厳しくなる可能性があります。

返済負担率は住宅ローンだけが考慮されるわけではなく、車のローンなど他の借入金額も含みます。

たとえば、年収500万円の人が住宅ローン希望借入金額の毎月返済が10万円の場合。

120万円(10万円×12)÷500万円」
返済負担率は24%となります。

しかし、車のローンが毎月3万円ある場合は。

156万円(120万円+36万円)÷500万円
で返済負担率は約31%です。

このように、他のローンがある場合は返済負担率が金融機関の基準を超え、審査落ちする可能性があるため注意が必要です。

住宅ローンの審査に落ちる理由はいろいろありますが、

  • クレジットカードや携帯電話、光熱費などの支払い延滞はないか
  • 他のローンも含め返済負担率は30%〜35%以内に収まるか

これらについては、事前に確認をしておきましょう。

住宅ローンが通らない状態なのに、ローンを利用する前提で資金計画を立てても現実的ではありません。

住宅ローン審査が難しい場合は、次の対策が考えられます。

ローン審査対策

  1. 親からの資金援助を頼る
  2. 自己資金を多く捻出する
  3. ローン審査が通りやすい金融機関を探す
  4. 上記問題が解消されたタイミングで再チャレンジする

などの対応策が考えられます。

マイホーム購入や購入後にかかる費用を確認すると同時に、住宅ローンの審査が通りそうかどうかも確認してみてください。

ローンなどマイホームのお金については、旦那さんと一緒に夫婦で考えるようにしましょう。

戸建てや中古マンション競売物件の購入ってどうなの?



競売物件を狙って購入する人もいます。

競売物件は、借金返済ができない人の家を裁判所が差し押さえ、売却をして借金返済に充てるものです。

裁判所が売主で入札制度のため、最も高い値段を付けた人が物件を手に入れることができます。

一般的な市場に出回る物件相場よりも安いのが競売物件のメリットです。

以前は、競売には不動産会社しか参加していませんでしたが、今では一般の人も参加しています。

ただし、所有者が出て行かず、立ち退き交渉が必要になるトラブルが発生しているケースもあります。このような交渉を一般の人が行うのは無理があります。

また、通常は競売に出す前に任意売却を行います。任意売却とは市場価格に近い値段で売る方法です。そのため、任意売却で売れなかった物件が競売として出ているのです。

「なぜ任意売却では売れなかったのか」「なぜ市場価格より安くなる競売で売り出されるのか」を考えれば、その物件に何らかの理由があることがわかるでしょう。

競売物件は価格が安く魅力的に見えるかもしれませんが、専門知識を持っている人でないと取り扱うことが難しいことを理解しておく必要があります。

元営業レディの体験談

物件価格以外の諸費用について、知っている人と知っていない方がいらっしゃいます。

諸費用を知っている方は、予算を別にご用意されているので「意外とかからなかったね」とおっしゃる方が多いです。

しかし、諸費用のことを知らない方は「家だけで何千万円もするのに、それ以外にこんなにお金がかかるの?」と驚かれる方もいらっしゃいます。

その場合諸経費の準備ができず、やむをえず家にかけるお金を削減して、諸費用に回すこともあるのです。

諸経費をローンで賄えないかという方もいらっしゃいますが、私はそれをあまりお勧めしておりません。

住宅ローンよりもどうしても金利が高くなってしまいますし、資金計画がきちんとできていない状態で住宅を購入すれば、後々の生活を圧迫することは目に見えています。

どういった費用がかかり、削減できるのかは、最初にしっかりとご説明させて頂いていますが、自分で調べて来られる方と、調べて来ない方では、家の購入に対する姿勢の真剣さ、向き合い方が違うなと感じるのも事実です。

最初の段階でしっかりと諸経費やその他の費用、購入後の維持費などについても勉強しておいていただきたいと思います。

そういう方であれば、住宅ローンの返済で困ることはまずないのではないでしょうか。

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-マイホーム購入準備

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.