不動産会社の評判・口コミ

朝日住宅株式会社の評判や口コミ

更新日:

「朝日住宅株式会社」は、東京新宿区に本社を置く不動産会社です。

新築ではなく不動産仲介…中古住宅の取引ですね、にリフォームを上手に加えて、不動産業を営んでいます。

不動産各社の住宅の仲介実績は全国24位。リフォーム実績は34位と、会社規模のわりになかなかだと思います(えらそうで申し訳ありませんが)。ツボをおさえた立地とサービスがモノを言う…そう思いますね。

 

沿革は昭和46年。東京都武蔵野市で創業されました。

歴史としては大手の不動産会社さんよりも長いですね。信頼のおける企業として長く愛されているということなんだと思います。その証拠に、平成29年度のお客様アンケートでは満足度90%。そのうちの54%からは「非常に良い」の評価を得ています。これって結構スゴイと思いますよ!不動産仲介は、仲介手数料が高額になりがちなので、お客様が求めるサービスレベルは高いのです。その割に不動産の営業マンって練度が低いというか…残念ですが、そういった状況があります。その中で90%の満足度はかなり立派です。これは、後でもう少し詳しくお話させていただきますね。

 

「朝日住宅」のモットーとしては、「親切、丁寧、しっかりした仕事」。基本のようで、なかなか成し遂げられないところを目標にしています。

無理な物件を勧めない(=その後の生活を見据えているから)、…これは朝日住宅のポリシーですが、まさしく親切を体現していますよね。無理して買った家は、大概あまり幸せな結末を招かないというのは、私が不動産営業レディ生活を通して痛いほど学んだ部分でもあります。この点、朝日住宅の営業さんはしっかりとお客さんのことを考えていると言えるでしょう。

 

ちょっと地味ですが(失礼!)、堅実なお仕事ぶりの「朝日住宅」さんについて、もう少し詳しく見ていきたいと思います!

 

インターネット検索の使い心地…実際検索してみました

「いい街いい家 朝日住宅」。素敵かつわかりやすいキャッチフレーズですね!朝日住宅のサイトでの物件検索、実際に検索して見て行ってみましょう。

 

もちろん、「買う」メニューから入っていきます。

「一戸建て」「マンション」「土地」の物件タイプを選んだ後、エリア・路線を選択します。エリア検索は市区町村別ですね。

検索結果はずらっと一覧で表示されますが、デフォルトのですと写真が小さく少々見づらいですね…。全体的に写真が少なく、物件ごとのコメントなども少ないように感じられます。内覧写真も他社さんに比較して少ないような…

対面営業を大切にする会社さんですし、あまり個々の物件についてウェブでは言及しないのかもしれませんね。

キーワード検索も項目にありませんので、ここでは割愛いたしますね。

 

朝日住宅の得意ジャンル・エリア

  • 都心エリアの中古物件。マンション、一戸建てともに物件数豊富です。
  • 中古マンション物件は、リフォームをしてから住むという発想もありです!

 

朝日住宅の口コミ・私の印象

朝日住宅の営業さんは、なんとも実直で、昔ながらの不動産屋さんといったイメージです。

あまりガツガツせず、丁寧に営業されている姿が印象的でした。

 

私の印象は間違っていなかったのか、今回ウェブを見ていたら、朝日住宅はお客様アンケートを自社HP上で公開しているようです。

現在公開中のものは、平成29年中にアンケートが到着した456通分。すごいですね!

公開期間は1年ほどですが、不動産を購入された方の購入エリア、価格まで掲載されていますので、非常に興味深い資料ですよ。あ、もちろんご担当された方のお名前も出ています。イニシャルではなく、バリバリの実名公表です!

 

営業マンの「身だしなみ・積極態度」「お客様の知りたいことへの対応」「担当者の説明」の3項目につき、アンケートを取っています。

どの項目でも6割以上のお客さんが「非常に良い」を選択されているんですね。これもすごいです。少しでも不満があれば「非常に良い」は選択しないと思います。私も、「あ、ここ足りなかったな…」という取引の後のアンケートは、「非常に良い」とはなかなか言っていただけませんでしたね。先ほども申し上げましたが、不動産の仲介手数料は物件価格の約3%。高額なので、求められるレベルも高いのです。

そんな中、朝日住宅の購入者アンケートは、「非常に良い」「良い」と合わせると、実に90%ほどの方が各項目で満足しているそうです。この後に「普通」「良くない」「悪い」「未回答」が続きます。

 

アンケートの返信コメントも公開されています。たとえばこんな具合に…

「買主の状況に応じた必要書類リストがあると良かった。最終の契約時、売主側は写しで1枚署名でしたが御社は3枚署名が必要だった為、時間を要しました。 写しタイプにして頂けるとより良いです。」

う~ん、リアルですね!

こちらのお客様アンケートを見ていただけるれば、朝日住宅の営業さんのお仕事ぶりがよくわかると思いますので、お取引をお考えでしたらぜひご一読を。

 

朝日住宅は、こんなあなたにおすすめ!

  • 派手さよりも堅実さで、不動産会社を選びたい方。
  • 首都圏と大阪の都市部エリアで物件をお探しの方。

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-不動産会社の評判・口コミ

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.