住まいの豆知識

幸せな住まいを築くために、お隣さんとの良好な関係を築こう!

更新日:

隣人トラブル

 

隣人トラブルは、購入前から確認を!

 

不動産購入後にしばしばお隣さんとトラブルになる、「越境物」についてもお話しましょう。

越境物と一口に言っても様々なので具体例をあげますね。

 

  • 庭木の枝が伸びて塀を超えている
  • 雨どいがこちらにかかっている
  • エアコンの室外機が飛び出している

 

この辺りは目で確認できますが、配管が越境というか、下を通っているなんてケースもあります。

都会で住宅が建て込んでいるケースでは、エアコンの室外機がお互いの敷地にはみ出し合うことはザラです。その部分は、あまり目くじらを立てると自宅にエアコンを引く際にもめ事になってしまうので、お互い様といった観点も必要かもしれません。

ただ庭木などについては、問題無く見えてもその枝から落ちた葉っぱなどが排水管や雨どいを詰まらせ、トラブルの元になることがあります。

購入前の段階は、不動産会社が仲立ちに入ってくれるよい機会です。自分で直接言ってしまうとご近所トラブルの元となりますので不動産会社が入っているうちに対処してもらうといいでしょう。

 

 

隣人トラブルの原因は曖昧な境界線でおこる!

 

越境物の確認の前に、境界線を確定しなければなりません。

こちらは、不動産会社立ち合いの元で境界線を確認しましょう。確定測量図があれば一番安心ですが、そうではない物件も非常に多いです。

現地に境界ポイントが入っていればそれを目安にできます。このようなものが境界として機能しています。

 

隣地との境界ポイント

 

金属製のプレートが埋まっているもの、コンクリート製のもの、様々です。

コンクリート杭の場合、風化して表面が削れてしまっているケースもあり、隣地境界線トラブルの元となります。

大げさとお思いになるかもしれませんが、境界線がわかりにくい時は、不動産会社の立ち合いのもと、隣地所有者と境界ポイントの確認を行いましょう。できればポイントを復元しておいたほうが良いと思います。

なあなあで購入し、後から境界線を確定するのは案外に難しいものです。そこで揉めそうな隣人であれば、購入自体を考え直すということだってできます(土地トラブルは解消が難しいため、一度揉めてしまうととことんこじれます。)

ベストは、

不動産会社や売り主の責任の下、引き渡しまでに隣地所有者と立ち合いをし、承諾印を得た上で資格ある者の測量によって作成された確定測量図を交付してもらう

という条件を、売買契約に入れてもらうことです。

 

隣人トラブルの原因となる越境物を確認しよう!

 

さて、上記の境界線確定を経て、越境物があるかを確認します。地下埋設の越境物については、以前お話した埋設物の確認プロセスをご覧くださいね。

普段暮らしている人々にとっては景色のようなもの…やはり庭木が圧倒的に多いですが、そういったものの越境はしばしば起こっています。普通はどんなものであっても、不動産会社の営業マンが指摘しなければならないのですが、見落としてしまうこともあるのが現状です。「景色になっている」というのは恐ろしいですね。

さて、解消する必要があるものについては、どのような対処をしたらいいのでしょうか。

管理人
まず、口約束は危険です。

いつまでに」「誰の負担で」越境を解消するかを文書化し、引き渡しがなされるまでに実際に解消できているかを確認しましょう。

管理人
「隣の枝を切ってもらう?そんなの楽勝ですよ!」

などと軽く営業マンが口約束しても、枝木は隣地の所有物です。勝手に切ることはできません。枝木を切ってもらう際には、所有者に「切ってもらえますか」と申し入れをするという形になります。必ず枝の越境を解消する件を書面化してください。

ただこの法律は不思議なことに、根っこが越境していたらそれは切除してもOKなんです。地中はOKで空中だとNG…何故でしょうね。けれど根っこを勝手に切ってその木を枯らしてしまうと、それは損害賠償に対象になるのです。

エアコン室外機など「お互い様」の越境というものもあるとお話しましたが、こちらも本当は「将来的には撤去する」と書面化するのが理想です。後々のご近所付き合いのことを考えるとなかなか難しいかもしれませんので、不動産会社さんとお隣の方の人となりを見て、決めていきましょう。

土地や住宅を購入すると、必ずご近所付き合いが発生します。ある程度長く住まないと、お隣さんがどのような人かはわかりませんが、できるうちに将来のトラブルの芽を摘んでおくことは非常に重要なことです。

 

 

隣人トラブルを避けるために。隣地との距離も重要です

 

建築基準法上では、土地境界ぴったりに建物を建設することが許されていますが、民法上では隣地境界線から50㎝以上離れていることが理想とされています。

これは、ご近所トラブルを防ぐために定められた「努力目標」のようなもの。

結局のところ周辺の建物もみな50㎝未満で建てられているようなエリアであれば、気にしないのが暗黙の了解です。実際、都内の住宅などは、窓を開けたらすぐ隣家といった状態が多いのではないでしょうか。

ただし、50㎝未満で建設をしようとしていた場合、または着手から1年以内の場合は、建築の中止・変更をさせることができてしまいます。ほとんどそんなことは起きませんが、一応頭に入れておいてください。

 

目隠しを要求される場合の隣人トラブル

 

トイレ

 

どのくらいの距離感で建設されているかも大切ですが、どんな部屋に接しているか、ということも重要ですよね。

考えてみてください、リビングの大きな窓の向こうに、トイレの明り取りの窓があって、そこからいつも水の流れる音や排せつ音がしたら…?お隣さんはきっと、あまりいい気はしないでしょう。

こういった事態がおきないように建築プランはよく考えて建てられているのですが、見落としもあります。万が一そのようなことがおきた場合、窓の目隠しを設置したり窓をふさぐよう要求されるかもしれません。

その要求を可能にするのが、民法235条「隣地境界から1m未満の建物は、目隠しを設置しなければならない」という法律です。隣地所有者は家の見通しを防ぐという目的で、目隠しの設置を要求できます。

近接住宅であっても、通常はお互い様で進んでいきますし不動産会社がうまく調整をしていくので、実際に不当な要求に合うことはあまりありません。

ですがトイレなどといったプライベート空間は別ですよね。将来的にお互いに住み心地のいい家にするため、配慮と注意を欠かさないようにしましょう。

 

お隣さんへの気遣いのなさはご近所トラブルに直結!

 

管理人
これは私の会社であったことではなく、同業の友人から聞いた話なのですが一例としてお話しますね

 

割とごみごみしたエリアで、大き目の区画を購入されたお客さまがいらっしゃいました。そのあたりには珍しい注文住宅を建てられる、とのことでしたが、話は順調に進んでいったそうです。

しかしおうちが立つ前に、ご近所の方々が総出で窓の目隠しの要求をはじめました。先ほど出た民法235条が根拠です。

お客さまは大変困ってしまいました。ご近所に近接してるとは言え窓は窓、明かりが入ってくるはずが、目隠しをつけたら家の中に明かりは入らずに暗くなってしまいます。

管理人
どうしてこのようなことが起きてしまったのでしょう?

原因は、工事会社さんが着工前にご近所さんへの根回しやご挨拶をほとんどしなかったことでした。買い主側のお客さまとしては、そういったことはほとんど不動産会社さんにお任せしているのですから不動産会社のミスと言えます。

また、若干やっかみもあったようです。お客さまの家は他の家よりも大きかったため、周囲からあまりいい印象を抱かれていなかった…と、実際にお住まいになった後、仲良くなったご近所さんがこっそり教えてくれたとのことでした。

法律がある以上、要求されたらはねのけることはできません。この時は遅ればせながらも挨拶に回って頭を下げて、なんとか全面の目隠しではなく穏便に済ませて無事におうちは完成したそうです。この件は重大なことを私たちに教えてくれていると思います。

いくら暗黙の了解で見過ごされていても、法律として存在するものは、買い主・売り主共に主張する権利があるということです。

リスクを回避する選択肢があるなら回避し、リスクをとる場合には、最大限の事前の努力をしましょう。当たり前のことかもしれませんが、こういった配慮が有利に住宅の購入を進めるためのカギになるのではないでしょうか。

 

住宅の前面道路が私道である場合。持ち分として持つ方がトクなのか?

 

東京都内のように住宅区画が複雑に入り組んでいる街の場合、物件の前面道路が公道でない場合は50%を超えます。つまり、他人の私道を通らずして自宅に辿り着くことは不可能な住宅が半数程度ある、ということですね。

そんな状態ですし、「ここは私道、通るべからず」というような「通行権」に関しての問題は、さほどクローズアップされません。隣人の通行を逐一許可していてはキリがありませんからね。

ただし、これが採掘や工事になってくると、話が変わってきます。地主さんによっては、騒音問題などを盾に、工事の許可を渋るケースがあるのです。そうすると、採掘がNGで下水が引き込めなかったり、工事車両が入れず家の建築自体ができなくなる恐れがあります。

なので、前面道路が私道である場合、ごく一部であっても、持ち分があるほうが安心です。販売図面には「本地〇〇m2別途私道持ち分××m2あり」といったような形で記されます。

完全に持ち主が一人で、かつ気難しい方だと、許可をもらえても通行料を請求されたり通行回数が制限されることもあるかもしれません。確かに、工事車両がうろうろしたりマイカーが出入りするのは煩いものです。事情もおありなのかもしれませんが、目をつぶっていただけたら助かりますよね。ご近所づきあいは慎重に行いましょう。

 

さて、上記の例のように私道所有者が一名である場合、「私道承諾書」をいただいておくのが一般的なトラブル回避手段だと思われます。

その内容は、

  • 上下ガス水道などの埋設工事にかかわる道路掘削
  • 人間、車両の回数無制限の通行許可
  • 第三者に売買した際も、上記を継承する

こちらが必要になるでしょう。

ここで金銭要求があったり、回数の制限があったりする場合は、もしかしたらハズレの物件かもしれません。もちろん理由を聞く必要はありますが、こだわりの強すぎる隣人は住宅や土地を選ぶ上では絶対に避けるべきです。

深い理由がなく私道承諾書を出してくれない、というケースもままあります。「将来どんなリスクがあるかわからないものにハンコを押すのはためらう」、というのも当然の心理でしょう。それは十分に理解できます。

ですが、私道承諾書がとれないから諦めるというのはもったいないです。周囲の方に聞き込みをして、過去に問題が起きていなければよしとし、私道承諾書を出していただけるよう誠意を尽くしましょう。

もし皆さんが見学に行かれた物件が私道の奥にあった場合、私道の様子には要注意です。

例えば道路がボコボコで補修されていなかったり、植木がはみ出て通行に障害が出ていたりしたら、そこは管理者がいないか、管理者が一人しかおらず、その方が怠慢なのかもしれません。また、車庫がなかったり、車がない家が周囲に多い場合は、車の通行が制限されている可能性もあります。

思わぬことで住宅の購入につまづく、その最たるものが隣人問題だと私は思っています。ただ、私道所有者に拒否する権利を与えているのは法律です。そこを念頭に置いた上で、トラブルのない住宅の購入に向けて努力をしていきましょう。

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-住まいの豆知識

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.