不動産会社の評判・口コミ

株式会社日住サービスの評判や口コミ

更新日:

1976年大阪市北区で「株式会社日本住宅流通サービス」の名で創業。2110愛称としています。本社は大阪府大阪市梅田。

東証2部上場…の会社ですが、色々と不祥事もありましたね。それについては、本稿ではあまり関係がないので書きませんが、近年そういったこともありました。

とはいえ

日住サービスは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、関西みらい銀行、みなと銀行、三井住友信託銀行、日本生命保険、住友生命保険、東京海上日動火災保険、カワサキライフコーポレーション、神鋼不動産、和田興産などが資本参加している資本金156,850万円の総合不動産会社です。(東京証券取引所上場)

という主張のとおり、歴史ある不動産会社です。いろいろなことを乗り越えて、一層きちんとした体制を構築していくものと思います。

 

そして

安全、確実な不動産取引で地域社会に貢献しています。

ということで、地元(関西)に密着した営業です。ヴィッセル神戸の公式サポーターも勤めております、生粋の関西企業です。

住宅購入の際に、日住サービスとのお取引をどのように検討するか?くわしく見ていきたいと思います!

 

日住サービスの特徴とメリット

関西エリアに密着した不動産会社です。まず、店舗所在を確認していきましょう。店舗の場所などで、結構その不動産会社の得意なお客様層とか物件のタイプがわかるものなんですよ!

 

日住サービスの店舗はどこも駅近に設定されており、通勤の帰りなどの相談に便利です。

まず大阪ですね。本社所在地です!高槻、茨木、南千里、なかもず、泉北、千里中央、豊中、野田阪神。

そしてヴィッセルの公式サポーターということもあり、兵庫県がとても強いのです。尼崎~芦屋エリアに、逆瀬川、甲東園、苦楽園、傷み、塚口、武庫之荘、西宮、夙川、甲子園口、芦屋。神戸には三田、北神中央、鈴蘭台、高速神戸、岡本、御影、住吉、六甲、三宮、名谷、西神中央、垂水。明石にも2店舗ありますね。京都も京都営業所、桂で2店舗。

 

しかも、全店舗が直営だそうです。これだけの規模になるとフランチャイズ店舗がありそうですが、その点も安心と言えるでしょう。

 

日住サービスは「総合不動産」という名乗りのとおり、賃貸もかなり手広くやっております。物件数で言うと、現在取り扱いが売買2500件あまり、賃貸が2600件あまり。

この両方が強いというのは実は結構なメリットで、営業部はもちろん分かれてはいるのですが、両方について知識のある営業さんが結構います(昔同業の知人から聞いた話しなので、部構成などは変わっているかもしれませんが)。賃貸と売買って、同じ不動産でも必要になる知識の範囲がかなり違うので、結構歴の長い売買営業さんでも、賃貸の知識となるとからっきしという方も多いんですね。

賃貸から売買物件にうつるときも、購入か賃貸か迷っているときも、両方に知識があって悪いことはひとつもありません。むしろ、こんなことも…というアドバイスが、ものすごく身を助けてくれることもあるんですよ。そういった部分の心強さがあるのが、日住サービスさんのひとつのメリットと言えると思います。

 

逆に、不動産の購入希望者と賃貸の希望者をあまり分け隔てなく接してくれる部分もあります(笑)。いえ、これはみなさんそうなんですが、不動産を買うときって「大きな買い物をするぞ!」「お客さんだぞ!」って気持ちに、なりません?なんというか、大事に扱ってほしいというか…。それはそうですよね、一生に一度の大きな買い物ですから。そこをあまり斟酌しない感じといえば、お分かりいただけるでしょうか。そんなこと気にしない!って方には、どうでもいいことなんですけれどもね。これも聞いた話で恐縮ですが、そういった部分がある…そうです。

 

インターネット検索の使い心地…実際検索してみました

日住サービスは、2110.jpというサイトを運営しており、こちらから物件検索をしていくことになります。

「買いたい」メニューからの物件検索となります。

「エリア検索」「沿線検索」「キーワード検索」があります。珍しくキーワード検索が!

こちら、〇〇ニュータウンというような、市区町村名でも駅名でもないキーワードを入れてみましたが、あまり精度が良くないのかヒットがありませんでした…。物件としては存在しているので、サブキーワードなどに入れていないのだと思います。そういう探し方って結構されると思うのですけれど、そうでもないのでしょうか。

気を取り直して、エリア検索などで検証をしていきます。

 

市町村検索は、市町村名を選んで探していきます。細かい町名は出てきませんが、物件数が表示されるのはいいですね。関西エリアも物件の売り出しが盛んなようです。

エリア名などにチェックを入れた後で、こだわり条件を入れていきます。つい路線名などをそのままクリックしてしまいますが、「エリア名にチェックを入れてからこだわり条件」ですよ。ワンルームでもなんでもずらーっと出てきてしまうので注意ですよ!間取りや駅からの距離、築年数など、標準的な項目が並びます。末端の物件ページを見ても、おすすめポイントなどはわかりやすく書いてありますが、特別情熱のあるコメントなどもついていない…と言った感じ。

検索の使い心地としては標準的、過不足なしといった印象です。

 

日住サービスの得意ジャンル・エリア

関西全般に強いですが、特に神戸エリアに強いようです。マンション・戸建て両面。そして賃貸にまで強みがあるので、色々迷っている方が相談するにはいいかもしれませんね。

 

日住サービスの口コミ・私の印象

関西に根を張って営業活動をしたことがないので、同業者の口コミから失礼させていただきます。

先ほど書かせていただいたように、日住サービスさんは賃貸管理や賃貸の仲介も行っておりますのでそちらの口コミが結構よくないです。まあ、賃貸管理というものは普段は何もなくて問題があったときだけクローズアップされるものなので、良い評判の賃貸管理会社などというものはほとんど聞いたことがありませんが…。

そして、賃貸の媒介的なノリで売買をする営業さんもいるということで、そのことでお客さんを怒らせてしまったことがある…と聞きました。

怒らせてしまったお客さんのご機嫌の取り持ちがあまりうまくいかなかったらしく、結構モメてしまったということでした。女性の営業さんだったそうですが、お若い方のラフな神戸弁だったため、都内から転勤で赴任した中年男性が怒ってしまったとかいう話しで…。

営業さんのほうとしても関東弁がずいぶん冷たく感じたようやけども、と同業の知人は笑っていましたが、冗談抜きでこういうことって起きます。特に、転勤で別の地域に行って一番最初に関わるのが不動産会社だったりすると。

このケースも、別に日住サービスさんの営業さんが悪いわけではないとは思いますが、運悪くこういうふうにモメたこともある、という事例でした。

 

日住サービスはこんなあなたにオススメ!

  • 神戸エリアで家を探している方。
  • 賃貸・購入で若干迷いがある方にもおすすめです。
  • 中古戸建て・マンション共に物件数は豊富です。
  • 対面での営業にひるまない方。

タウンライフ不動産購入


家をどこで建てれば良いのか?


ゲスト
「家を建てたいんだけど、どこに頼めばいいのかしら。おすすめのメーカーを教えてくれない?」

新しく住宅購入を考えているママ友や周囲の方に一番よくきかれることです。

そうですよね、皆さんどこで建てるか迷いますよね。家は人生を左右する一生のお買い物ですから、誰だって慎重になると思います。
他にも…
「子供も小学生になるし、部屋も作ってあげたいけど…学区が変わったらかわいそう。どこに建てたらいい?」
「中古ってどうなの?」「新しい街のことは全然分からない…」「新しい家ができるまでどれくらいの期間を見ておけばいい?」

これに似たお悩みを抱えているか、また別の住宅に関する悩みを抱えていると思います。

そんな時、私が必ずオススメしてきたのが、タウンライフ不動産購入」です。

タウンライフ不動産購入


どうやって調べるの?


勿論自分で調べる方もいらっしゃいます。
でも皆さん口を揃えて仰るんです。
ゲスト
「調べてみたけど何がなんだか分からない」

それはもちろんだと思います。

不動産は私たちの生活に密接に関わっていながら、様々な制約があってとても複雑なうえ、日々変化しているのです。私も新人時代は勉強しても勉強しても知識が追い付かず、苦労しました。

だからこそ私は「プロに任せる」ことをおすすめしています

自分の希望を捨てて丸投げする、ということではなく、希望を叶えるために信頼できる不動産会社を見つけ、夢のマイホーム購入で後悔しない、ということです。

知識はあなたを手助けする強い武器になる


ゲスト
「結局プロに任せることをすすめるなら、このブログは一体なんの意味があるの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

当ブログではマイホーム購入の際に気を付けることやポイント、制度について紹介しております。不動産会社との話し合いで参考にしてください。「なんとなく」でも知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。


残念ながら、全ての不動産会社が優良だとは限りません。中にはお客さまが知らないのをいいことに、よくない土地や物件を売りつける営業もいるのです。
そんな時、ちょっとでも知識があれば「これってどうなの?」ときくことができますよね。


知識は武器になるので身に着けて損はないです。

不動産会社の選び方のススメ


特に私が不動産会社を選ぶ際にオススメしているのが、先ほども出てきましたタウンライフ不動産購入」です。

優良な不動産会社を見極めるポイントを知っていても、そもそもどんな不動産会社を選んだらいいか迷ってしまいますよね。
インターネットで「ハウスーメーカー おすすめ」等で検索しても、
「売上が一番いいのは〇〇」、「着工数は△△が一番」、「満足度は◇◇が高い」

など…結局どこを選べばいいか分かりません。そして、一社一社問い合わせをするのは骨が折れます。
ゲスト
「優秀な不動産会社を見つけるために比較をしたいのに、自分でやるのは難しい」



そのような方々にオススメしているのがタウンライフ不動産購入なのです。

「タウンライフ不動産購入」って何?


先ほどから出ている「タウンライフ不動産購入」が何か、簡単に申しますと住みたい街の不動産会社からご希望の住宅情報を一括で取り寄せられるサイト」です。

無料で不動産購入計画書や、資金計画書、非公開物件情報をもらうことができます。

無料住みたい街の住宅情報一括請求できるなんてすごいですよね。

しかもここ、しつこい電話営業や面倒な訪問営業がないんです。

お客さまからご依頼をいただいたらまずはお電話で詳細な要望をきくようですが、それはきちんと対応しようとしている誠意の表れでしょう。
もちろん一切お電話を受け付けたくない方もいらっしゃると思います。

そういった方は要望の欄にその旨を記載しておきましょう。
実際に画面を見ていきましょう。今回は夫婦二人、子ども二人の家族での見積もりです。

▼まずタウンライフ不動産購入を開いてください。

(画像は全てタウンライフのサイトから引用しています)

▼住みたい街を選択しましょう。今回は例として東京にしてみます。

▼次により詳細なエリアを選択して、先に進みましょう。

▼市区町村は10エリアまで選択できます。どこに住宅を買うかも決めかねている場合、全く違う土地を選んでみてもいいかもしれません。

▼選んだエリアの中でも第一希望を選択します。第一希望を選んだからといって他のエリアの情報が入ってこないなんていうことはないのでご安心ください。

▼続けて希望の物件種別や間取り、面積、価格帯を選ぶことができます。また、購入物件の希望についてもしっかりと書き込んでおきましょう。

▼あとはもう個人情報の取り扱いについて同意して、「一括取り寄せ依頼をする」ボタンを押せば完了です。ね、簡単でしょ?

いかがですか?少し住宅購入に対する壁が低くなったのではないでしょうか。いただいた住宅情報を見ながら、家族とマイホームの夢を膨らませるのもいいですね。


気になった方は是非ご覧になってみてください。

タウンライフ不動産購入




  • この記事を書いた人

管理人

10年間で300件以上の不動産取引に関わってきた元不動産営業レディ、現2児の母です。 ママ友や周囲の方にきかれるマイホーム購入計画のポイントについてまとめてみました。夢のマイホームのためのお手伝いができれば幸いです。

-不動産会社の評判・口コミ

Copyright© 失敗しないマイホーム購入・不動産売却計画 , 2020 All Rights Reserved.